ここから本文です

イブラがマンUの同僚ポグバを擁護 “120億円の男”への批判を「嫉妬だ」と一刀両断

Football ZONE web 9/13(火) 20:32配信

「過大評価」などの批判にカリスマが反論

 マンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチは、フットボール史上最高額の移籍金でユベントスから加入したフランス代表MFポール・ポグバに対する批判を、「嫉妬だ」と一刀両断している。仏テレビ局「ユーロスポーツ」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ポグバは今夏8930万ポンド(約120億円)のフットボール史上最高額の移籍金で加入。中盤で存在感を示しているが、10日のマンチェスター・シティ戦では見せ場を作ることができず、試合も1-2で敗れた。

 そもそも移籍金の高さから「過大評価」と解説者のギャリー・リネカー氏が断罪するなど、ポグバは何かと批判を集めることになったが、「マンチェスターの神」を自認する男が擁護に回った。

「彼についていろいろな話をしている嫉妬深い人間は、自分たちの発言を飲み込むことになるだろう。ポグバは成長する一方で、誰もが彼を支持している」

 イブラはこう語った。今季リーグ戦4試合4得点と有無を言わさぬ活躍を見せているストライカーは、チームメートへの批判を「嫉妬だ」と一蹴。23歳の若武者がさらなる成長を遂げると断言した。ロッカールームの空気を掌握し、「カントナ以来のカリスマ」とチーム関係者が脱帽する男は、ポグバを擁護し、さすがの存在感を示している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/13(火) 20:32

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。