ここから本文です

海外日本人選手43人の「推定市場価格ランキング」 香川、本田らの牙城を脅かす注目株とは

Football ZONE web 9/13(火) 23:02配信

2位に7億円の大差をつけた香川 本田の市場価値は下落傾向

 2016-2017シーズンの欧州主要リーグが8月に順次開幕し、多くの選手が新天地を求める夏の移籍市場も閉幕した。今季も多くの日本人選手が海外クラブに所属し活躍しているが、ここでは主に各国の1部リーグに所属する選手43人を、ドイツの情報サイト「transfermarkt」が算出する推定市場価格を基にランキング化。日本代表の実力者が上位に名を連ねるなか、次世代の注目株も明らかとなった。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 1位に輝いたのは、ドルトムントMF香川真司だった。日本代表で10番を背負うアタッカーへの評価は依然として高く、推定市場価格は18億4000万円と2位に約7億円の大差をつけている。一方、日本代表で双璧を成すもう一人のエース、ACミランMF本田圭佑はかつて20億円近くの価値があったが、クラブで満足のいく結果を残せずに下落。8億500万円で3位に転落した。

 本田を抑えて2位となったのは、昨季移籍したレスターで奇跡のプレミアリーグ制覇に貢献したFW岡崎慎司で11億5000万円。30歳を迎えてもなお進化し続けるストライカーの価値は、過去最高の数値を記録している。

 このトップ3を追う存在として、4位タイの6億9300万円でインテルDF長友佑都と並んでいるのが、今季セビージャに移籍したMF清武弘嗣だ。リーガ・エスパニョーラ開幕戦でいきなり1得点1アシストをマークするなど、UEFAヨーロッパリーグ3連覇の強豪で自らの価値を高めている。スペインで継続的に結果を残していければ、トップ3に割って入るのも時間の問題だろう。

 その他トップ10には、ハリルジャパンの主力がズラリと並んでいるが、8位タイの3億4500万円に食い込んだのがザルツブルクの21歳FW南野拓実だ。リオデジャネイロ五輪に出場し、オーストリアリーグでも9月11日の敵地アドミラ戦で後半30分から出場して2ゴールと強烈なインパクトを残しており、さらなるステップアップを遂げる日も近そうだ。

1/3ページ

最終更新:9/13(火) 23:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。