ここから本文です

就任4ヶ月で解任のネビル氏、監督業復帰を考えず「今後5年くらいは戻らない」

フットボールチャンネル 2016/9/13(火) 11:20配信

 2015年12月にバレンシアの指揮官に就任するもわずか4ヶ月で解任されたガリー・ネビル氏が、監督業への意欲が喪失している様子を見せた。13日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

欧州主要チームの新戦力を分析 16/17移籍情報

 バレンシアとは1年間の契約を結んでいたが、成績不振によりシーズン途中で解任されていた。それが影響したためか、別のクラブを率いることなく監督業から離れている。ネビル氏はその理由について説明した。

「私はサッカーのことが好きなので”絶対にない”とは言い切れないが、監督業に戻ることは非常に困難だと思う。私は他にも多くのことに興味があるからね。今後5年くらいは監督業に戻らないだろう。実際のところ、私はやりたいと思っていないんだ」

 ネビル氏が退いた後、バレンシアの指揮官にパコ・アジェスタラン監督が就任した。バルセロナ戦やセビージャ戦などに勝利し、シーズン終了後にバレンシアとの契約を延長している。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/9/13(火) 11:25

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)