ここから本文です

シャビ、Cロナの挑発を無視…“バロンドール獲ってない”発言に父親は「むしろ無関心」

フットボールチャンネル 9/13(火) 13:00配信

 レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドから個人タイトルを獲得したことがないと嘲笑された元バルセロナのシャビ・エルナンデスだが、本人は無視を決め込んだようだ。スペイン地方局ラジオ『Rac1』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ことの発端は、シャビが「ロナウドが世界一になれない問題は同時期に史上最高の選手(=元チームメイトのリオネル・メッシ)がいるからだ」と語ったことにある。

 その後、ロナウドは「シャビは紙面の一面を飾りたいだけだ。チームレベルではすべてを勝ち取ったかもしれないがバロンドールはひとつも持っていない。シャビは何が際立ってるって? カタールでプレーしてるってことか? 自分はバロンドールを3度獲得しており、世界で最も検索されているスポーツ選手だ」とシャビを挑発していた。

 新たな論争に発するかと思われる事態だが、シャビの父親であるホアキン・エルナンデス氏は、この論争が無駄なものであり息子も無関心であると語った。

「クリスティアーノの発言に対して自分は何も感じなかったし、シャビも特に重要視していないよ。シャビにはたくさんの経験があり、このやり取りがどのようなものか理解している。何も返答しないと思うし、むしろ無関心だと思う」

 マドリーとバルセロナという宿敵関係にあった両選手だが、シャビは2014/15シーズン終了後にカタールのアル・サッドに移籍している。

フットボールチャンネル

最終更新:9/13(火) 13:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。