ここから本文です

ホッフェンハイムのサポーターを襲った災難。マインツへ移動中に糞尿を浴びせられる

フットボールチャンネル 9/13(火) 20:00配信

 ホッフェンハイムのサポーターがひどい目に遭ったようだ。12日にイタリアの『イタスポルトプレス』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 日曜日の朝、約400名のホッフェンハイムのサポーターは、チームを応援しに行くためにマンハイムからフェリーに乗ってマインツへ向かおうとしていた。すると、出発してから間もなくして通過しようとしていた橋の上から大量の糞尿を浴びせられたという。

 この非常に不快な体験をしたサポーターの代表者ハイコ・ヴァルケンホルスト氏は、当時の危険な状況についてこう語っている。

「満杯に糞尿が詰まったバケツがある1人の青年の半メートル前に落ちたよ。少なくともこれは単なるアクシデントか誤ってそこに落ちたかのどちらかだと願いたい。さもなければその他の人たちも命の危険に晒されてたことになるからね」

 また、「橋から2人が逃げて行くのを見たけれどそれ以上のことは見れなかった」と犯人らしき人物を見たことを証言すると、「フェリーの乗組員たちが全員の汚れを取り除いてくれ、それからすぐに警察に通報して捜査が始まった」と当時の状況を説明した。

 この知らせを聞いたホッフェンハイムのペーター・ホフマン会長は、「非人道的なことが起きた。一歩誤っていれば悲劇が起きていた」と発言すると、「もしこれをした者が何かを楽しもうと考えていたのであれば完全に狂っている。事件が明らかになることを願っている」と憤慨している。

 幸いにも負傷者は誰1人出なかったこの事件。ホッフェンハイムのサポーターにとって、敵地でチームが3点のビハインドを追いついたことだけが何よりの救いとなったかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:9/13(火) 20:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。