ここから本文です

緊急搬送されたミランDF、頸椎損傷で離脱へ。代役は指揮官高評価の若手か

フットボールチャンネル 9/13(火) 22:00配信

 現地時間11日に行われたセリエA第3節ウディネーゼ戦で負傷退場したミランのDFルカ・アントネッリは、しばらく戦線離脱を余儀なくされるようだ。ミラン専門ニュースサイト『ミランニュース』が伝えた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ウディネーゼ戦に左サイドバックで先発したアントネッリだったが、52分に味方DFガブリエル・パレッタと自陣ペナルティエリア内で衝突してピッチに倒れ込んだ。一時は意識を失ったようで、チームメイトが舌を飲み込まないよう口に手を入れるなど応急処置を施し、ストレッチャーで運び出され、その後病院へ搬送された。

 報道によれば、検査によってアントネッリの負った怪我が頸椎損傷だということが判明した。首の負傷は非常にデリケートなため、ミランとしては復帰を急がせないつもりのようだ。ただ重傷ではなく、今週末16日のサンプドリア戦を欠場し、20日のラツィオ戦での復帰を目指すという。

 ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、アントネッリの代役に誰を選ぶのか。ウディネーゼ戦ではマッティア・デ・シリオが交代で出場し、大手『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙も同選手のサンプドリア戦先発出場を予想した。

 しかし、『ミランニュース』は若手のダビデ・カラブリア出場の可能性に言及している。今夏レンタル移籍での獲得オファーが殺到しながら、モンテッラ監督の強い要請によってミラン残留を決意した19歳にチャンスが与えられるかもしれない。

 デ・シリオやカラブリアにとっては、たった1試合とはいえアントネッリの欠場が貴重なアピールの機会となる。チームにとってはアクシデントだが、サンプドリア戦は今後の定位置争いを占う重要な一戦になりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/13(火) 22:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。