ここから本文です

「ハリルの機密リスト」に載る、浦和のアウトサイダーが見せた驚異の対応力

SOCCER DIGEST Web 9/13(火) 6:00配信

「弱めのパスが来たら右を狙おうと思った。でも、思ったよりも速いパスが来て…」。宇賀神友弥の選択は?

[J1第2ステージ11節]
浦和レッズ2-0 サガン鳥栖
9月10日/埼玉スタジアム2002 
 
 前半終了間際の41分、柏木陽介からのロングフィードを関根貴大が右サイドで身体を張ってキープする。そこから、森脇良太、武藤雄樹、ズラタンと経由して、最後は――。
 
 ズラタンのポストプレーからマイナスに落とされたパスを、左サイドから中央に入り込んでいた宇賀神友弥が右足で合わせる。正確にミートされたボールは、ポストに当たって逆サイドのネットを揺らした。
 
 立ち上がりから続いていた激しいプレッシャーをかいくぐって決まった、第2ステージ2位の浦和と3位の鳥栖による上位対決の行方を大きく左右した貴重な先制弾。ゴールが正式に認められたのをかなり入念に確認したあと、両手を突き上げて歓喜。背番号3のユニホームを指で差して、浦和の「UGAJIN」だとアピールをした。
 
 両ウイングバックが前線に張り出す5トップの攻撃的布陣から、「右→左」に展開する浦和のひとつの理想形からゴールは決まった。しかもストッパー(森脇)も、センターフォワード(ズラタン)も、シャドー(武藤)もパス交換に関与するという、文字通り全員攻撃を具現化した形でもあった。
 
 ただ、そのゴールシーンについて、宇賀神は意外な事実を明かした。
 
「(ズラタンから)弱めのパスが来たら、(宇賀神から見て)右のファーサイドを狙おうと思っていたんです。でも、思ったよりも速いパスが来て、しかもバウンドしていたんです。

【PHOTO】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

 だから咄嗟に、しっかり合わせることだけを考えました(苦笑)。ファーサイドにストレートに蹴る選択肢もあったけれども、GK(林彰洋)がやや前にポジションを取っていたのが見えたので、正面にできたコースを狙いました」
 
 そのように、かなり詳細に振り返っていたのだ。
 

一切の妥協を許さぬ豊富な運動量と、両足から様々なキックを蹴り分けられる柔軟な対応力が特長。

  つまりズラタンからパスが放たれてから、1秒もないコンマの世界で、「右のファーサイドにしっかりコントロールショットを放つ」→「ミート優先でファーサイド?」→「ミート優先で正面のコース」と、頭の中でいくつかの選択肢を作り、そしてゴールを決める“答え”を導き出した。

 宇賀神は次のようにも試合を振り返っていた。
 
「前からかけてきたプレスを跳ね返し、相手が疲れてきたところで点を奪うことができた。それに2-0という1点取られたら状況が一変しかねない難しい試合で、最後まで集中を切らさず戦えました」
 
 また、久々に両ウイングバックが連係に絡んでゴールが生まれ、その点にも好感触を得ていた。
 
「もう少し高い位置取りをしたり、カウンターに持ち込んだりしたかった。でも、その他にチャンスもあり、なにより両サイドで起点を作れたことは良かった点です」
 
 宇賀神の特長は、チームを助けるためであれば一切の妥協を許さない豊富な運動量と、両足から様々なキックを蹴り分けられる柔軟な対応力にある。力むとやや一本調子になってしまう点に課題があるが、この日は先制ゴールのシーンに象徴されるように、“対応力の高い”宇賀神が随所で見られた。
 
 例えば疲労の溜まる79分には、敵陣の背後を突いてフリーランで走り込んでクロスを放ち、惜しいチャンスも作り出している。一方、守備面でも、好調な鳥栖を引っ張るキム・ミヌや藤田優人のサイドアタックに身体を張って対応。キム・ミヌにはシュートさえ打たせなかった。
 
 日本代表のハリルホジッチ監督のリストには、以前から宇賀神の名前が載っていたと言われる。アジアサッカー連盟(AFC)に提出されたロシア・ワールドカップの2次予選と最終予選の予備登録メンバーにも、彼の名前が入ったいたことが明らかになっている。
 
 確かに日本代表の左サイドバックは、長友佑都が長年にわたりレギュラーを務めてきたものの、最近は負傷離脱することが増えている。現在、酒井高徳が長友に続く二番手の地位を築きつつあり、さらにフィテッセの太田宏介もスタンバイしている。とはいえ、選手層は決してそこまで厚いとは言えず、なによりメンバーのマンネリ感は否めない。
 
 

1/2ページ

最終更新:9/13(火) 9:43

SOCCER DIGEST Web