ここから本文です

リーガ3節で早くも黒星のバルサ…しかし過去を見ると良い予感も!?

SOCCER DIGEST Web 9/13(火) 13:00配信

早期で初黒星を喫した10-11、08-09、05-06シーズンの共通点は?

 連勝で迎えたリーガ・エスパニョーラ3節、バルセロナはホーム、カンプ・ノウでアラベスに1-2で敗れ、早くも今シーズン最初の黒星を喫した。
 
 攻め続けながらもなかなかゴールを奪えないバルサは、39分にアウェーチームの先制を許し、後半開始から間もなくしてジェレミー・マテューのゴールで同点としたものの、64分にハビエル・マスチェラーノのミスを突かれ、決勝点を奪われた。
 
 ネイマールが数日の練習でスタメン出場し、新加入のGKヤスパー・シレッセンが初登場、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、アンドレス・イニエスタがベンチスタートと、チームとして完全な状態ではなかったとはいえ、この敗戦は明らかに失態と言えるものだった。
 
 ミスを犯したマスチェラーノは地元メディアから厳しく非難されるなど、それまでの良い雰囲気は消え、ルイス・エンリケ監督は「責任は全て自分にある」と反省の弁を述べている。早々の初黒星で、早くもライバルのレアル・マドリーに勝点3差をつけられた。
 
 もっとも、まだ先は長く、開幕戦では爆発的な攻撃力を見せたバルサだけに、ここから仕切り直して、今シーズンも熾烈な優勝争いを展開していくことだろう。
 
 ところで、バルサは過去のシーズン、何試合(節)目で初黒星を喫したのだろうか。今シーズンのように、開幕から間もないうちに土をつけられたシーズンはどれほどあったのだろうか。
 
 下に過去30シーズンの、初黒星を喫した節を記したが、直近では2010-11シーズン、2節でエルクレスに敗れている。このチーム、最終的には20チーム中19位で2部リーグ降格を喫しており、今回のアラベス戦同様、バルサにとっては足元をすくわれた一戦だった。
 
◎過去30シーズンのリーガ初黒星の試合
2015-16 5節セルタ(1-4)
2014-15 9節マドリー(1-3)
2013-14 15節ビルバオ(0-1)
2012-13 20節ソシエダ(2-3)
2011-12 14節ヘタフェ(0-1)
2010-11 2節エルクレス(0-2)
2009-10 22節A・マドリー(1-2)
2008-09 1節ヌマンシア(0-1)
2007-08 8節ビジャレアル(1-3)
2006-07 7節マドリー(0-2)
2005-06 3節A・マドリー(1-2)
2004-05 11節ベティス(1-2)
2003-04 6節バレンシア(0-1)
2002-03 4節ベティス(0-3)
2001-02 7節デポルティボ(1-2)
2000-01 2節ビルバオ(1-3)
1999-00 4節アラべス(1-2)
1998-99 9節オビエド(1-2)
1997-98 10節バジャドリー(1-2)
1996-97 14節ビルバオ(1-2)
1995-96 10節コンポステーラ(1-2)
1994-95 1節ヒホン(1-2)
1993-94 7節デポルティボ(0-1)
1992-93 7節デポルティボ(0-1)
1991-92 2節セビージャ(2-4)
1990-91 9節A・マドリー(1-2)
1989-90 1節バジャドリー(0-2)
1988-89 8節マドリー(2-3)
1987-88 2節セビージャ(1-2)
1986-87 10節ムルシア(0-1)

1/2ページ

最終更新:9/13(火) 15:31

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。