ここから本文です

バルサの選手寮で語り継がれる「久保の伝説」。“その腕前”はスペクタクルそのもの

SOCCER DIGEST Web 9/13(火) 17:00配信

マシアの中で特別な存在だったことを示す、ひとつのエピソード。

 FC東京のU‐18に在籍している久保建英は15歳でクラブユース選手権の得点王に輝くなど、偉業を打ち立てている。現在はU-16アジア選手権を戦う代表遠征に参加しているが、“飛び級”で「2020年東京五輪の主役にも!?」と期待される逸材は、バルサ時代に“ピッチ外”でも確かな足跡を残している。

3年後には仲間入り!? MSN大爆発のバルサが7-0の圧勝スタート!

 カンテラ(下部組織)担当記者としてバルサBと下部組織を中心に取材活動を続けているオリオル・ドメネク記者によれば、バルサのカンテラでプレーしていた当時の久保は「マシア」(ここではバルサの選手寮を指す。マシアはバルサの下部組織の総称でもある)でも人気者だったという。
 
 そんな久保がマシアの中で特別な存在だったことを示す、ひとつのエピソードがある。当時のマシアでは、久保と卓球で対戦するために、いつも長い列ができていたという。
 
 サッカーだけでなく、卓球でも類稀な才能を発揮した久保の“伝説“は、今も語り継がれている。複数の目撃談によれば、その腕前はサッカーと同様、スペクタクルそのものだったそうだ。

取材●オリオル・ドメネク(ムンド・デポルティーボ)
協力●豊福 晋(サッカーライター)
 

最終更新:9/15(木) 13:58

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。