ここから本文です

【J2】好調の群馬を牽引する松下裕樹がJ2の8月度月間MVPに

SOCCER DIGEST Web 9/13(火) 18:20配信

抜群の運動量でチームを牽引

 Jリーグは9月13日、8月度の月間MVPを発表。J2からは群馬の松下裕樹が選出された。なお、松下は初受賞となる。
 
 松下は8月に行なわれた全4試合にフル出場した。効果的なパスで攻撃にアクセントを加えると、守備では豊富な運動量でチームを牽引。28節の讃岐戦では約40メートルのロングシュートも決めた。攻守両面でチームを支える活躍で、群馬は残留争いから一歩抜け出す15位まで順位を上げている。
 
 Jリーグ選考委員会は松下を次のように評している。
 
「8月に行われた全4試合にフル出場し、チームの負けなしに大きく貢献。特に第28節(vs 讃岐)では、持ち前のキック力を生かしたロングシュートを決め、観客を驚かせた。昨年群馬に復帰すると、抜群の運動量とキャプテンシーでチームをけん引し続けており、7月末時点で20位と残留争いを続けるチームを攻守両面において支え、15位まで躍進させた原動力となっている」
 
 また、受賞した松下は次のようにコメントしている。
 
「このような賞をいただけることなど思ってもいなかったので、ビックリしています。8月の3連勝1分という成績のチームの代表として、この賞をいただけたものだと思っています。毎日、刺激を与えてくれるチームメイト、成長へ導いてくれる監督・コーチングスタッフ、手助けしてくれるトレーナー・ドクター・マネージャー・フロントスタッフ、チーム・クラブを支えてくださるスポンサー・ファン・サポーターの皆様、クラブ・チームに関わる全ての方に改めて感謝したいと思います。そしていつも支えてくれる家族にも。ありがとうございます。まだまだチームは厳しい状況ですが、これからも絶えることのない向上心とサッカーにかける想いを持ち、チームの勝利と成長、自分の成長と価値を高める為に、毎日努力し続けたいと思います」
 

【J1PHOTO】第2ステージ・11節のフォーメーション&結果

最終更新:9/13(火) 18:32

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。