ここから本文です

THE BLUE HEARTSにインスパイアされたショートフィルムがしたまちコメディ映画祭で上映

ローリングストーン日本版 9/13(火) 14:00配信

東京の下町の魅力をコメディ映画を通じて発信する毎年恒例のイベント「したまちコメディ映画祭 in 台東」(通称:したコメ)が今週末開催される。



文化芸術の街として名高い東京・上野と、喜劇発祥の地・浅草で開催される「したコメ」は、いとうせいこうが総合プロデュースを務めるコメディ映画祭で、今年で9回目を迎える。"映画""したまち""笑い"の3つの要素をかけ合わせ、映画人、喜劇人、地元の人々が一体となって盛り上げる住民参加型の映画祭だ。オープニングを飾るのは、山下敦弘監督・松田龍平主演作『ぼくのおじさん』で、本上映が記念すべきワールドプレミアとなる。

今年の目玉のひとつとして、80~90年代のロックシーンを圧倒し、たった10年で解散した伝説のロックバンド、THE BLUE HEARTSにインスパイアされたショートフィルムを特集する「THE BLUE HEARTS ショートフィルムセレクション in したコメ」の開催が決定。多くのミュージシャンやアーティストに影響を与え、今なお人気を誇るバンドの楽曲をテーマとした短編5本を上映する。各作品の出演者には、永瀬正敏、水原希子、優香、斎藤工、市原隼人、尾野真千子など、豪華キャストが勢ぞろい。また、上映作品の一編『ラブレター』に出演する俳優の齊藤工がイベントに登壇し、自身の監督最新作についての制作報告も行う予定だ。

上映作品は下記の通り。

『ハンマー(48 億のブルース)』
監督:飯塚健
出演:尾野真千子、角田晃広、萩原みのり、伊藤沙莉、吉沢悠、余貴美子

『人にやさしく』
監督:下山天
出演:市原隼人、高橋メアリージュン、浅利陽介、瀧内公美、加藤雅也、西村雅彦

『ラブレター』
監督:井口昇

出演:斎藤工、要潤、山本舞香


その他のラインナップはこちら

『少年の詩』
監督:清水崇

出演:優香、内川蓮生、新井浩文


『ジョウネツノバラ』
監督:工藤伸一

出演:永瀬正敏、水原希子、藤崎ゆう


同特集の他にも、ゲストが集うレッドカーペット、映画秘宝まつり、西村喜廣特殊メイクワークショップなど、したコメならではの個性豊かなイベントが目白押し。

「第9回したまちコメディ映画祭 in 台東」は、9月16日(金)~19日(月・祝) の4日間にわたって開催される。

第9回したまちコメディ映画祭 in 台東
日程:9月16日(金)~19日(月・祝)
会場:不忍池水上音楽堂・野外ステージ、浅草公会堂、浅草文化観光センターほか
http://www.shitacome.jp/2016/

Text by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RollingStone Japan 編集部

最終更新:9/13(火) 14:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。