ここから本文です

ビヨンセの振付師、『シングル・レディース』のステージで公開プロポーズ

ローリングストーン日本版 9/13(火) 18:30配信

ワールドツアー中のビヨンセが、大切なチームメンバーのプロポーズのために一肌脱いだ。

【動画あり】ビヨンセの振付師、『シングル・レディース』のステージで公開プロポーズ

ワールドツアー中のビヨンセが、セントルイスでのライヴの最中、メンバーのプロポーズのために粋な計らいを見せた。と言うのも、ビヨンセの振付師でツアーのクリエイティブ・ディレクターを兼務するジョン・シルバーが、『シングル・レディース(プット・ア・リング・オン・イット)』のステージ中、ダンス・キャプテンのアシュリー・エヴェレットに公開プロポーズをしたのだ。

ビヨンセはヒット曲の数々を披露した後、「ステージに上がりたい人はいない?」と客席に呼びかけた。ビヨンセはそんな風にファンを少しおちょくると、エヴェレットに秘密でシルバーをステージに招いた。セントルイス出身のシルバーは地元愛を語り、「彼女は僕の女王だよ。だから地元でプロポーズすることが至極当然のような気がしてるんだ」と跪いた。エヴェレットはプロポーズに即答でイエスと答え、シルバーにキスをすると、ビヨンセや他のダンサーたちと喜びを分かち合った。シルバーがステージを降りた後、ビヨンセたちは曲のパフォーマンスに戻り、エヴェレットは指に指輪を光らせて踊った。

Translation by Sahoko Yamazaki (RSJ)

BRITTANY SPANOS

最終更新:9/13(火) 18:40

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。