ここから本文です

iPhone7じゃ物足りない? JDたちがスマホの進化に望むこと

週プレNEWS 9/13(火) 17:00配信

「神保町☆女子大生Cafe」第8回。現役女子大生(JD)たちが、旬で話題の流行りネタについて言いたい放題のから騒ぎしちゃいます!

今月8日(日本時間)、Appleが「iPhone7」と「iPhone7 Plus」を発表。今週16日から発売が開始されます。

発売前から様々な憶測が飛んでいたiPhone7には「防水機能」「イヤホンジャック廃止」「おサイフケータイ対応」などその他新機能があり、従来の製品と比較してもスペックが上がっているとのこと。

スマホの買い換えやガラケーからの乗り換えを考えている人には見逃せないニュースですが、果たしてこれらの機能に満足していいのでしょうか?

そこで今回のテーマは「携帯にもっと進化してほしいことは?」。

イマドキJDならではの「欲しい機能」や「あったら嬉しい機能」、目からうろこ(?)のアイデアも出てきましたよ~!

「すぐお化粧のチェックができるように、はっきりとしたミラーになる画面だったらいいなって思う! 鏡とか出さずにすぐ確認できると変に恥ずかしくないからありがたい!!」(菜々ちゃん・明治大学2年・21歳)

「ガラケーではあったワンセグ機能がスマホにはないので付けてほしいです。本当はダメだけど、中学時代に授業中隠れてよく見てたから懐かしいです(笑)」(沙羅ちゃん・上智大学1年・19歳)

「ポケットWi-Fiのような機能をつけて、値上げしてもいいから通信料をその分、上乗せしてしてほしい。これでポケットWi-Fiがなくても通信量無制限になるから、通信制限がかかってイライラすることがなくなる(テザリングじゃ不十分です)」(双葉ちゃん・大妻女子大学2年・20歳)

「ワンセグを見れるようにしてほしいです。ガラケーの時は移動しながらでも見たい番組を見れて便利だったので」(亜梨沙ちゃん・明星大学1年・19歳)

「スマホの画面が割れにくくなってくれると嬉しい。最近のスマホは値段が高くて機種変するのにも億劫なので、もう少しお手軽になるといいです」(ミズキちゃん・早稲田大学1年・19歳)

「よくスマホを落としてしまうので、手から滑り落ちないような作りがいい。あとは、写真を組み合わせたり、動画を編集できるアプリが元から入っていたら便利」(ミキちゃん・駒澤大学3年・21歳)

「すべての携帯に防水機能があるといいです。iPhone7は防水機能があるそうなので期待してます。あと、最初から入ってるカメラが“盛れる”といいな」(ヒヨリちゃん・明治大学1年・19歳)

「大手3社はどこも高いから料金下げてください。あと、今のスマホは片手じゃ持ちにくいので、サイズや女性のことをもっと考えて小さくしてほしい。それで何度も落として画面が割れてしまいました。機能はiPhone7で十分」(花純ちゃん・法政大学1年・19歳)

「youtubeとか動画を見ていたらデータ通信料がすぐ上限にいってしまうから無制限にしてほしい。通信量を常に気にする生活に嫌気がさしてます」(由貴ちゃん・千葉大学3年・22歳)

「まず、料金下げてほしい。そしてカラーバリエーションをもっと増やしてほしい。女のコっぽいカワイい携帯がいいです! あとはよく自撮りするので、フロントカメラよりもインカメの画質をもっとよくしてほしい」(里穂ちゃん・東洋大学1年・19歳)

JDたちからは「ミラーになる画面」「かわいく“盛れる”カメラ」「写真編集機能」など女のコならではの意見も集まりましたが、これ以上の機能を望むというより料金や通信制限の不満を改善してほしいというのが本音のようです。

近い将来、これらの意見に沿ったJD向けスマホができちゃうかも!? なんて期待を寄せつつ…今後の課題はまだまだありそうですね。携帯のさらなる進化をJDたちも待ち望んでいます!

(取材協力/株式会社KIRINZ)

最終更新:9/17(土) 20:25

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。