ここから本文です

街中で熱い視線を浴びること間違いなし!? レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルを受注開始

clicccar 9/13(火) 8:03配信

日本では2012年3月に発売されたレンジローバー・イヴォークは、従来のランドローバー(レンジローバー)車のイメージを覆す大胆なエクステリアをまとい、多くの新しい顧客を獲得してきました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



4年半が経過した今でも数あるSUVの中で、存在感は決して薄れてはいません。それでもデザインアイコンとして鮮度は、当然ながら年月とともに下降傾向になるでしょう。

そこで、イヴォークシリーズのカンフル剤にもなりそうなレンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルが日本にも登場しました。



2016年9月9日から受注を開始するイヴォーク・コンバーチブルは、世界初のラグジュアリー・コンパクトSUVのコンバーチブルを謳っています。

これまで165以上の国際的な賞を獲得しているというレンジローバー・イヴォークの定評あるデザインをはじめ、快適なオンロードでの走りや、オフロードでの高い走破性能を備えていてオールシーズンに対応。



なお、レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルの追加により、イヴォークは全7モデル展開になります。





外観は、ダイナミックな形状が特徴のフロントバンパーや流麗なボディラインといったイヴォークのデザインを損なうことなく、個性的なシルエットを生み出す洗練されたZ型格納式ソフトトップ・ルーフ(防音仕様)を採用。

センターコンソールに配置されているスイッチを操作することで、48km/hまでであれば走行中でも、21秒でルーフを展開、18秒でルーフを格納することが可能です。

単に、既存のクーペおよび5ドアモデルのデザインをそのまま継承したのではなく、折りたたんだルーフを収納するためのスペースを設けるために、フロントドア後部の車体やテールパイプ、スポイラーを新設計。これらは室内空間を犠牲にすることなく実現しているそうです。


一方のインテリアは、「レンジローバー」ブランドにふさわしく、オックスフォードレザーなど随所に高級素材を採用。大人4名がゆったりと座れる広々したスペース、ルーフの開閉を問わない251Lのラゲッジルーム、直感的なタッチ操作が可能な10.2インチの最新インフォテインメントシステム 「InControl Touch Pro」ももちろん用意されています。



ブランドのアイデンティティである走破性では、あらゆる路面状況下でドライバーがペダル操作をせずに、トラクションを最適化して車両を一定の速度(1.8km/h~30km/h)で前進、後退させることが可能な「オールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)」を標準装備。

また、コンバーチブルモデルでも安全性の確保に抜かりはありません。横転保護のためにAピラーを強化されているほか、リヤクォーターパネル内に展開式ロールオーバー・バーが装備されています。



この横転保護システムは、万一車が横転した場合、自動的に2本のアルミ製のバーを90ミリ秒で作動させ、乗員のための安全なスペースを確保するもの。ステレオデジタルカメラを用いた自動緊急ブレーキ(AEB)やレーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)などの先進の安全技術もオプションで用意。

エンジンは240ps/340Nmの2.0L 直列4気筒ターボで、トランスミッションは9ATを搭載。グレードは「RANGE ROVER EVOQUE CONVERTIBLE HSE DYNAMIC」のみで、価格は765万円です。



(塚田勝弘)

最終更新:9/13(火) 8:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。