ここから本文です

連続する少年殺害事件、子どもを被害に遭わせない「古典的だが有効なルール」とは

デイリー新潮 9/13(火) 7:00配信

■少年はなぜ深夜に徘徊するのか

 埼玉県東松山市の少年殺害事件の報道を見て、昨年の神奈川県川崎市で起きた中1男子殺害事件を想起した方も多いことだろう。どちらも1人の少年を、「仲間」だったはずの少年たちが集団で殺害をしている点も含めて、いくつか共通点がある。

 その一つが発生時刻。いずれも事件は午前零時をはるかに過ぎた深夜に発生している。

 関係した少年の多くは家庭に門限が無かった、もしくはあっても有名無実化していたであろうと推察できる。

 子供が成長するにつれて、門限の時間は少しずつ遅くなっていくのは普通のことだろうが、一方で「子供の自主性」を重んじてあえて門限を設定しない、という家庭や、そもそもシツケに無関心なので門限なんか無い、という家庭もあるだろう。昔と比べて24時間営業の店が増えたことで、子供たちが深夜に徘徊しやすくなったという面もある。

 もちろん、それぞれの家庭の教育方針は尊重されるべきなのだろうが、「子供のためを考えると、門限は非常に重要です」と犯罪社会学者の廣末登氏は指摘する。

 廣末氏は、元暴力団員たちからの丹念な聞き取りをしてまとめた新著『ヤクザになる理由』の中で、彼らがグレた理由を探っている。その中で「門限」は重要なファクターとなっているというのだ。

「多くの元ヤクザたちの家庭環境を聞くと、『門限なんか無かった』という人がほとんどでした。そんなもの、設定されたことがない、という放置家庭です。
 門限があったとしても、子供がそーっと家から抜け出すくらいのことはあるでしょう。でも、それはあくまでも時たまの“冒険”の範疇なので、そう問題はありません。
しかし、もとから門限が無いということは、親が子供に無関心であるということと同じです」(廣末氏)

■ヤクザと門限

『ヤクザになる理由』に紹介されている元ヤクザたちの門限やシツケに関する証言をいくつか見てみよう。

「(小学生の頃から)おれん方は自由主義やさかい放任やで。(両親は)どっちも(わしに)構わんかったで。門限もないない。(食事は)小学校の頃には、三軒隣の家に上がりこんで冷蔵庫かき回しよった」(元暴力団組員のJさん)

「(両親に)ほったらかされとったがな、金だけは貰いよった……そうやな、1日300円位か、今やったら1000円くらいの価値かな。(家庭は)健全やないな。第一、家に親居らんからメシがないんや。(門限も)ない」(元暴力団幹部Nさん)

 多くの元ヤクザたちが、門限も含めて、家庭では基本的なシツケなどが行なわれていなかった、と振り返っているのだ。

1/2ページ

最終更新:9/13(火) 7:00

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。