ここから本文です

それ禁句!男が一瞬で帰りたくなる「女子の致命的セリフ」5つ

女子SPA! 9/13(火) 9:10配信

いよいよ今日は待ちに待った合コン、あるいは、お目当てのあのヒトとのデート……お洋服はモチロン白系ワンピ&ネイルもバッチリで女子力アップ!

しかし!!「男目線」で見ると、そんなアナタの“完全武装”をイッキに台無しにしてしまう、萎え萎えな禁断のセリフがあるのです。

 というわけで今回は、ワタクシ・山田ゴメスが経験したなかでも代表的な5つを、そっと教えます。ガッツリ頭にたたき込んで、「会話の女子力アップ」にも努めていただきたい……と、男サイドは切に願うのであった!

◆禁句1、「彼氏はいないけど、好きなヒトはいます」

 実はコレ、男サイドからすればもっとも萎え萎えな、アナタの女子力を一気に下げてしまうダメなセリフ。正直な話、「彼氏がいます」「ダンナがいます」よりタチが悪い。

 彼氏もしくはダンナがいるということは、男からすれば「いるくせに、デートや合コンの誘いに乗ってくるってことは、現状のパートナーになんらかの不満を抱いている」、すなわち「この子…浮気もしくは不倫願望アリ?」と見なすわけです。

 一方の「好きなヒトはいます」なんて、にべもないリアクションには、「今はその男以外誰も目に入らない状態なんだな…」「理想が高そうだな…」「最後の最後にはその好きなヒトに持っていかれちゃうんだろうな…」「もしかするとジャニーズだとか韓流だとかザイルマニア?」「今日はなにしに来たの?」……といった失望感と諦観が、男の頭によぎってしまうものなのです。

◆禁句2、「私、年下が好きなんです」

 5歳から10歳も離れたホンモノの年下に、このセリフをぶつけるのは別にかまわない。

 でも、年上はもちろんのこと、タメ……どころか1~2歳程度しか年下じゃない相手に向けて、「年下好き」を自認するのは絶対に禁物です。

 男は、女性が言う「年下好き」に対し、「メンタルや経済力ほかの頼りがい的なイニシアチブを女性側に委ねる関係」だけではなく、「いかつさのない可愛い外見=ジャニーズっぽい外見」を、ついイメージしてしまいがちなもの……。

 そして、ジャニ系の外見を持つ男なんぞ、今でも一般社会においては、そう簡単に実在しないのです。

◆禁句3、「私、ポッチャリしたヒトがタイプなんです」(この逆も)

「禁句2」と同様、本当にデブな男子に、このセリフをぶつけるのは別にかまわない。でも、細マッチョな男子やガリガリ男子にコレを言ってしまったら最後(逆のケースも然り!)、どんなに頑張っても体型的な“条件”は対処しようがないので、正反対な外見の男子からすれば、その合コンやデートはたちまち“敗戦処理”と化してしまうのです。

 身長170㎝そこそこの男子に「身長の高いヒトがタイプ」と言い切ってしまうのも絶望の度合はMAX。アナタの男性観が「外見至上主義」ならば、しょうがないのですが……?

◆禁句4「最近、性欲がゼロで…」

 コレも男サイドからすれば、萎え萎えなセリフ以外の何物でもない。なんせ「0%」ですから……。

 たとえ、男サイドに即日お持ち帰りする気はないとしても、やはり“これから”に向けての“夢”は1%2%でも50%でもいいから抱かせてもらいたいもの。

 あと、最近よほど嫌なことがあったのか、「男はもうしばらくいいです…」的な砂漠感をも強烈に印象づけてしまいます。

 せめて「ここしばらくはご無沙汰で…」くらいで留めておくべきではないでしょうか?

◆禁句5「理想のタイプはパパ(=お父さん)!」

 この原稿を書いている筆者・山田ゴメスは今年54歳で、もはや20代女子大半のお父さんは、ボクより“年下”だったりするのだが、それでもこのセリフは……あまり素直に喜ぶことができません。

 オムツを取り替えていたころから、ず~っと娘のことを見守ってきた(おそらく外見も)カッコイイお父さんには逆立ちしても勝てません。20代や30代のまだまだ小僧な男子なら、なおさらです!

……と、まあ以上ですが、コレらは同時に、万が一「女子力を極力発揮したくない相手」にしつこく言い寄られて困っている女性にとっては、ぜひともオススメしたい“瞬殺のセリフ”だったりもします。

 ちなみに今回の正反対バージョン「女子力がグンと上げる必勝のセリフ」は

「好きになったヒトがタイプ!」

 であることも最後に付け加えておきましょう。

<TEXT/山田ゴメス>

女子SPA!

最終更新:9/13(火) 9:10

女子SPA!

なぜ今? 首相主導の働き方改革