ここから本文です

お料理とりわける?ドキッとさせる「テーブルテクニック」3選

女子SPA! 9/13(火) 16:20配信

 こんにちは、東京姉妹・くるみです。

 みなさんは好きな男性を自分をものにするために、どんなテクニックを持っていますか? よく元・売れっ子ホステスやサービス業出身の著名人のこうしたらモテるという法則があります。

 ただ、これらはその人のキャラがあってこそのテクニックなので、そのままあなたが使ったところで全然モテない、という現象が起こり得ます。

 ただし、キャラが違っても通用するテクニックがあります。それがまさに、レストランに行ったときにテーブルの上で披露するテクニック。くるみに言わせれば、男を落とすためにはテーブルの上だけで十分!(笑)。いきなり落とすとまではいかなくとも、その後の試合運びを持って行きやすくできます。

 今回はそのテクニックをお教えします。

◆1.おしぼりを渡すときは低めの位置で

 ちゃんとしたレストランでは店員さんが1人1人におしぼりを手渡してくれますが、一方でおしぼりを単にテーブルの端にドサッと置いて行くレストランもあります。そんなとき、ちょっと残念な気持ちになりますが、ここはテクニック披露のチャンスです!

 とはいえ、ただおしぼりを「はいっ!」と、渡すだけではダメです。おしぼりの袋を半分くらいまで剥いて、自分は外装を持ったまま、相手にはおしぼりの中身を向けて渡すこと。胸の高さより下、できればテーブルとスレスレになるくらい、なるべく低めの位置で渡してあげるとさらに印象が良いです。

 潔癖な人に対してでも使えるテクニックですね。メニューを注文し終わったら速やかに行いましょう。

◆2.ストローは自分のものを

 ソフトドリンクの場合に限られますが、これも相手にドキッと思わせるテクニックです。ほとんどのレストランではドリンクとストローは別々に置いてくれます。まず、自分のほうに置かれたストローを外装を剥き、相手のドリンクにさりげなく差してあげる。

 そして、その手を引くときに彼のストローを取って、それを自分の方に差す。これが自然にできると好印象ですね。こんなことされて嫌な気持ちする男性はいないと思います。万が一、その弾性に「俺ストローいらないんだけど」なんて言われたら、「いいから~」と、可愛く振る舞い、さえぎってしまいましょう。

◆3.取り分けはスピード重視!

 当たり前ですが、シェアする料理を頼んだら、率先して取り分けましょう。タイミングはその料理が来たらすぐ! です。相手に「あ、気を使わなくていいよ」と言わせる間もなくささっと取り分けてしまってください。

 片手でスプーンとフォークを器用に使いこなす必要なんてありません。両手であなたなりのセンスで、見た目よく、てきぱきと盛りつけること。

 これさえ押さえれば、テーブルの上で相手のハートはあなたのもの!

 ただし、お箸の持ち方や食べ方など最低限のマナーには注意しないと、好意を抱かれるどころか、引かれちゃいますから注意してくださいね!

 くるみでした。

<TEXT/くるみ>

東京姉妹・くるみ●合コン参加回数300回以上の経験から恋愛のプロとして「AM」や「女子SPA!」などのウェブメディアで連載を持つ人気ライター。妹・知恵と共にブログ「東京姉妹」(http://tokyosister.blog.jp/)、オンラインサロン「恋愛市場で勝ち抜く!東京姉妹の最強モテ道場」(https://synapse.am/contents/monthly/tokyosisters)、「モテ最適化クリニック」(https://lounge.dmm.com/detail/198/)を運営

女子SPA!

最終更新:9/13(火) 16:20

女子SPA!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。