ここから本文です

関ジャニ∞渋谷すばるもジェラシー!?コンサート、影の主役たち

女子SPA! 9/13(火) 9:10配信

<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

「取れー! お前らは銀テープを取りに来たんだ! 銀テープに集中しろ! 一本残らず取れ! お前らは銀テープのためにチケットを買ったんだ!!」

 これは、渋谷すばるさん(関ジャニ∞)がライブ中、銀テープに群がるジャニヲタを見て、キレ気味に叫んだ言葉です。コンサートのクライマックス、感動を盛り上げるために放たれる銀テープですが、主役はあくまでジャニーズのはず。

……はずなんですが、ヲタとしてはなんとしても銀テープを取りたいのも正直なところ。

 今回は、そんな“影の主役”銀テープをはじめ、ジャニコンを彩るファンサービスグッズとその装置に注目したいと思います。

◆キャノン砲(銀テープ)

 通称:銀テバズーカ。おなじみ銀テープを客席に放つ装置です。昨今、ほとんどのコンサートで銀テープが飛んできますが、ステージ先端に設置されたキヤノン砲を見ると、「よしよし、銀テあるな。絶対取ったる!」などとヲタは決意を新たにします。

 ただ、最近はメンバーカラーごとの銀テープが仕込まれたりもするので、全色コンプリートするのはなかなか大変。

◆ウィングハート(スチロール製カード)

 ジャニヲタをもてあそぶ可愛くもやっかいなアイテムがコレ! 天井から、星型やハート型をしたスチロール製のカードがひらひら舞い降りてくる演出です。

 銀テープのように直線的に飛んでくるわけではないので、つかまえるのは至難の業。「私のとこに来た!」と思いきや、目の前で方向を変えてあらぬ方向に去ったりもする。その分、ゲットできたときの嬉しさはひとしおです。

◆手持ちバズーカ(サインボール砲)

 サインボールを仕込んだバズーカ砲。ジャニーズが手持ちして、客席に飛ばすための装置です。炭酸ガスの圧力でボールを放つので、そこそこ遠くまで飛んでいくのが美点。

 手持ちバズーカが用いられる際は、「○○くんは腕力がないから、サインボールが後ろまで飛んでこない!」といった不満は少ない模様。

◆CO2銃(スモーク銃)

 炭酸ガスの白い煙が噴出される銃。コンサートの熱気が増してくると、ジャニ自ら手持ちして客席にスモークを吹きかけて回ります。人に銃を向けられるなんていい気はしないものですが、この時ばかりは「○○くん! 撃って!!」と身を乗り出すヲタ多数。人を傷つけず幸せにする銃であります。

◆水鉄砲

 夏のコンサートで活躍するのが、シンプルで茶目っ気ある水鉄砲。なんの変哲もないオモチャですが、ジャニが撃てば可愛さ100倍。ステージから遠い二階席でも、そばに現れたジャニに水を掛けられると、「わー! ○○くんに撃たれちゃった! びしょびしょ!」とかいってヲタは大喜びするのです。これまたなんとも平和な武器。

 ところで、銀テープやウィングハートなどは“落ちモノ”や“落下物”と呼ばれ、コンサートの帰り道には「落下物譲ってください」といった紙を持って立っている人がいます。

 たくさん取れた人は、取れなかった人にお裾分けをしたりして、ジャニコンのファンサグッズは、“ファンによるファンサ”という優しい現象も起こします。

 今後もますますアガる演出を、ガンガン取り入れてほしいものですね!

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

【みきーる】

ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』

女子SPA!

最終更新:9/13(火) 9:10

女子SPA!