ここから本文です

崖っぷち結婚相談所:「美人のドヤ顔、超ウケる」 ピーターパン症候群的な医者からの、意外な反応

東京カレンダー 9/13(火) 5:20配信

典型的な結婚できない女、杏子、32歳。

慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2,000万円を優に超える。

【この記事の全ての写真】

美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。

恋愛市場で負け続け、さすがに危機感を持ち始めた杏子。そんな彼女は婚活に本腰を入れることを決意し、結婚相談所に登録をした。そして初のマッチングデートを済ませたものの上手く行かず、婚活アドバイザーの直人から痛烈なダメ出しを受けてしまった。その後も社内のモテ女を観察し、さらに凹む杏子。改めて直人のカウンセリングを経て、2回目のマッチングに挑戦する...!

杏子、二度目のマッチングの相手は...?

目の前でソワソワと落ち着かない素振りの正木という男は、遠慮とは無縁の好奇心丸出しの視線を杏子に投げつける。

正木には、相談所を通して杏子からオファーを出した。単純に、医者というスペックと、顔が気に入ったのだった。年齢も32歳と、相談所の男性の平均年齢としては若めだ。

「うわぁ、緊張しちゃうなー。杏子さん、超美人!どうして相談所なんか使ってるの?」

杏子は、正木と対面して30秒で苛立った。これは、開口一番に聞く質問ではない。

婚活アドバイザーの直人には前もって「正木とは相性は悪い」と言われていたが、その通りかも知れない。正木は、先日の紳士な飯島とは全く違うタイプの男であった。

普段の杏子であれば、こんな無礼な質問をされれば、途端に不機嫌になり、下手すれば席を立ってしまいかねない。しかし直人の厳しい表情が頭に浮かび、思い留まった。

これは、結婚という目標を達成するための「模試」みたいなものなのだ。

「仕事が忙しくて、なかなか男性と出会う時間がないので...。正木さんこそ、どうしてですか?」

杏子は直人にアドバイスされた通り、「安めぐみ」を意識した笑顔を崩さないように意識して答えた。

「俺はねー、親に勝手に入れられたの。早く孫が欲しいんだってー。」

正木は、杏子と同じく32歳の医者だ。都内の有名大学病院で、整形外科医をしているという。

しかし、彼の肌は20代と言っても通じるほどツルりと潤い若々しく、くっきり二重の目は子供のようにキョロキョロと動き、落ち着きがない。喋り方も舌足らずで、やんちゃな子供のような印象だ。

―この男、本当に32歳なの?まるで中学生みたいじゃないの...。

1/3ページ

最終更新:9/13(火) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。