ここから本文です

「ハーブの魔術師」直伝のビールも! 美酒と美食を満喫するベルギーの旅

CREA WEB 9/13(火) 12:01配信

 ベルギーの代名詞といえば、ビール。九州よりも小さいというこの国では、数々の醸造所が、競うように個性にあふれたビールを世に送り出しています。この短期集中連載では、ブリュッセル、アントワープ、ブルージュなど、ベルギーの各地をトラベルライターのたかせ藍沙さんが旅し、ビールに酔いしれるとともに街の魅力をレポート。

 最終回となる第5回も、実にさまざまなビールを味わいます。

女性醸造家が手がける渾身のビール

 ベルギーのビールは、もともと安全な水が手に入らない時代に、水の代わりの飲み物として修道院で造られたことが始まり。つまり、人々の命を守るための水だったのだ。修道士だけでなく、修道女も、人々のためにビールを造っていた。そのような起源から、ベルギーでは女性の醸造家は特別なことではない。

 デ・ライク醸造所の創業は1886年。ベルギー・ファミリー・ブリュワーズに加盟している家族経営の22軒の醸造所のうち、もっとも小さな醸造所だ。創業以来同じ場所でビール造りを続けている。その理由は水。ドイツでビール造りを学んだ創業者のグスターフ・デ・ライクさんは、ビールの90%を占める水にこだわった。デ・ライク醸造所の敷地には、上質な水を汲み上げることができる井戸があるのだ。

 4代目当主となったアン・デ・ライクさんは、女性醸造家として近代ベルギーの制度で最初に認可された方。そこには、先祖代々の伝統の味を絶やしたくないという強い思いがあった。

 今では、その娘のミークさんが、母からビール造りを学んでいる。「母はハーブの魔術師なの。気がついたら巻き込まれていたの」と笑う。母から娘へと秘伝のビールレシピが受け継がれ、娘が新たな味を生み出している。

 ビールの本場ベルギーでも、かつてはビアカフェでビールを楽しんでいるのは男性が多かった。それが、ここ20~30年の間に、ハーフサイズのグラスが作られるようになり、女性が好んで飲むフルーツやスパイス、ハーブのアロマが香るビールの種類も増えた。また、ビアカフェでは、立ち飲みだけでなく、イスも置くようになった。女性は座って飲むことを好むからだ。

 とはいえ、アンさんとミークさんの母娘が造っているのは、女性向けのビールというわけではない。女性の感性で選んだハーブを加えるなどした、上質のビールだ。娘のミークさんは、ビールの香り付けにバラの花を使ったり、味がまろやかになるアンジェリカなどのハーブを使ったり、新しい味を積極的に開発している。

 デ・ライク醸造所では、9種類のビールの他に、ビールに合うサラミやヘーゼルナッツチーズ、ビールを使ったペストリーやチョコレートなどを作っている。醸造所内には土産物店やビアカフェもあるので、それらを買って帰るのもいいし、造りたてのビールととともにビアカフェでいただくというのもいい。

Brewery De Ryck(デ・ライク醸造所)
所在地 Kerkstraat 24, 9550 Herzele, Belgium
電話番号 053-62-2302
http://www.deryckbrewery.be/

1/5ページ

最終更新:9/13(火) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。