ここから本文です

首都圏からアクセス便利で種目も豊富 走り初めは「松戸市七草マラソン大会」で

オーヴォ 9/14(水) 11:34配信

 首都圏のランナーは、このマラソン大会を2017年の走り初めにしてはいかが? 千葉県の松戸市民はもちろん、市外や県外からもたくさんの参加者に親しまれている「松戸市七草マラソン大会」の第62回が、2017年1月8日(日)に開催される。9月1日から参加募集が始まっていて、10月31日まで受け付ける。

 親子2人1組で一緒に走れる「ファミリーの部」をはじめ、小学校中学年から一般まで、4つの距離・15の種目があるのが特徴。自分の実力に合った種目が選べ、家族や友達みんなで大会にエントリーして一緒に走る楽しみを実感できるのが人気だ。会場の「松戸運動公園」は、東京駅から約30分、大手町駅から直通32分のJR北松戸駅から、無料シャトルバス利用で7分と都心からのアクセスも便利。家族や仲間との思い出作りに、新年のトレーニングに、年末年始でついついなまってしまった体のリフレッシュに、松戸市七草マラソン大会で走ろう。

■「第62回 松戸市七草マラソン大会」応募はこちらから

最終更新:9/14(水) 11:34

オーヴォ

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。