ここから本文です

大島優子、初の時代劇で大掛かりなセットに驚き 大竹しのぶと“真逆”な恋愛観を披露

エンタメOVO 9/14(水) 21:16配信

 映画『真田十勇士』公開直前イベントが14日、神奈川県内で行われ、出演者の大竹しのぶ、大島優子が出席した。

 この映画は、天下の名将と名高い真田幸村が実は“腰抜け”の武将だという大胆な発想で描くエンターテインメント作。くノ一・火垂を演じた大島は「時代劇というテーマでわかりやすく“時代”を見せてもらいました。歴史は苦手でしたが、とっても好きになりました」と見る立場でも楽しめたと言い、初の本格的時代劇は「セットがすごい。こんなに大きなセットをたくさん組んでいる現場を初めて見て、すごくお金がかかっているなと思いました」と素直な感想を語った。

 淀殿役の大竹はプライベートでも親交のある中村勘九郎と念願かなっての初共演。「やっと初めて共演できるんだと思った」と喜び、勘九郎が久しぶりの映画出演だったことから「気をつけることは何か教えて」と小声で聞かれたそうで、「自分の思ったことをやれば平気だし、スタッフさんのことを見ていれば大丈夫と言ったらすごく素直に聞いていて、お母さんのような気持ちになりました」とほほ笑ましいエピソードを明かした。

 また、この日のイベントは“真田女子会”と題され、さっそく理想のタイプに該当する人物を問われた大竹は「それはやっぱり松坂(桃李)くんだと思う。かっこいいし、べらべらしゃべらないし、実際もすごくいい子」と即答した。対する大島は悩みに悩んでから「勘九郎さんが演じた佐助かなあ。すごく喜怒哀楽を表すので人間らしい」と答え、すかさず大竹から「でも火垂は才蔵(松坂)を好きな役だよ。ひどい」と突っ込まれていた。

 火垂も淀殿も思いを寄せる相手には積極的に行動するキャラクターとあって、大竹も「状況にもよりますけど、ライブとかに行くと『かっこいい! あぁもう好き!』と言っちゃいます。最近は素直になりました」と共感を示したが、大島は「私はそんなにストレートには言えないかも。恥ずかしいし、言うのを我慢して我慢して爆発するときに言う」と揺れる乙女ごころを明かしていた。

 映画は9月22日から全国ロードショー。

最終更新:9/14(水) 21:16

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ