ここから本文です

渡辺謙「身を削るようにして作った」 主演映画ジャパンプレミアで感無量

エンタメOVO 9/14(水) 21:57配信

 映画『怒り』のジャパンプレミアが14日、東京都内で行われ、出演者の渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡、李相日監督が登壇した。

 吉田修一氏の小説を映画化したこの作品は、1年前の未解決殺人事件を軸に、千葉、東京、沖縄を舞台にした3つの物語が紡がれる人間ドラマ。

 主演の渡辺は、約4300人の観客を前に「いよいよだな…という思い」と感無量の面持ちであいさつ。タッグを組んだ李監督については「日本映画界の宝。3年に1度しか映画を撮れない。あまりにも大変過ぎて…。まあ、オリンピックより1年短いのでまだ何とかなっている」と冗談めかしつつ、「その3年の思いを僕たちは本気で受け止めて、演じるというよりは、ある意味身を削るように、そこでのたうち回ってこの作品を作りました。2時間20分。ちょっと息苦しいかもしれません。でも必ず熱いものが残ると思います」とアピールした。

 また、劇中で“カップル”役を演じた妻夫木と綾野は今回が初共演。撮影期間中には実際に2人暮らしをするなど入念な役作りを行ったという。綾野が「(自分の演じた)直人がああして存在できたのは妻夫木さんのおかげ。妻夫木さんとの生活は本当にいとおしい時間でした」と改めて感謝を述べれば、妻夫木も「剛がいたからこそ僕も(役柄の)優馬でいることができた」と笑顔で応じた。

 映画の感想について妻夫木は「本当に一言で言うのは難しい。見終わった後に立てなかったんです」と明かし、「この思いというのはどうしたらいいんだろうと思ったのですが、それがスタートなのかなと…。生きている中でなんとなくスルーしてしまうこともいっぱいありますが、もっと受け止めなきゃいけないこともあると教えてくれる作品。自分にとって大切な人と見に来てほしい」と呼びかけた。

 一方、劇中で過酷な運命に立ち向かう女子高生を演じた広瀬は、「すごい、なかなかない経験をさせていただきました」と述懐。作品を「すごい人間の生々しい部分だったり、言葉だけじゃない部分が見えてきたり…。残酷な部分もありつつ、すごくいとおしい愛情の部分もあります」とアピールした。

 映画は9月17日から公開。

最終更新:9/14(水) 22:38

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。