ここから本文です

「相棒」反町隆史が仲間由紀恵の部下に!

Smartザテレビジョン 9/14(水) 5:00配信

10月12日(水)からスタートする水谷豊主演の「相棒season15」(テレビ朝日系)に、仲間由紀恵演じる社美彌子が登場することが分かった。警視庁の一員となった冠城亘(反町隆史)が総務部広報課に配属され、仲間演じる美彌子の部下となる。

亘は「season14」の最終回で法務省を事実上のクビになり、異例の措置で警視庁に飛ばされた。今シーズンで亘は、警察学校での研修を無事に終え、正式に警視庁の一員となって戻ってくる。

特命係での“居候”も返上、晴れて水谷演じる杉下右京の“相棒”と思いきや、まさかの人事で亘は総務部広報課へ。元法務省キャリア官僚に対する警視庁の嫌がらせか、亘は希望する捜査部門とは違う部署に配属されてしまう。

水谷は「驚きましたねぇ、本当に驚きました。僕のところに来ると思っていました」と明かし、反町も「僕も驚いています」と胸中を告白。

また、亘が配属された総務部広報課の課長・美彌子を演じる仲間は、「season13」('14年10月~'15年3月)以来の2シーズンぶりの登場で、初対面となる亘の新しい上司となる。

仲間は「久々に相棒の世界に入って、鉄の女のような美彌子を演じられることを楽しみにしていました」と喜ぶ。また、仲間は反町演じる亘を「よく動くな、と思いました(笑)。まさに、テレビで見た亘さんそのものでした!」と語る。

今回、仲間と反町は初共演だといい、反町は「とってもおきれいな仲間さんと、楽しくやらせてもらってます」と笑顔を見せる。しかし、今回の人事を巡り亘と美彌子は“うわさの男女”になってしまう…!?

一方、右京と美彌子は因縁の仲。そこに亘が加わり、3人の運命の糸はどう絡んでいくのか。亘の配属先の上司が美彌子という波乱の幕開けとなる新シーズンがいよいよ始まる。

さらに、美彌子は'17年公開予定の「相棒-劇場版IV-」への登場も決定。久しぶりの相棒ワールドで“鉄の女”の美彌子がクールに躍動する。

右京と亘が離れ離れのスタートとなる第1話について、水谷は「具体的には言えないのが残念ですが、第1話から、すごい世界が展開されています」と期待を込める。反町も「すごくスケール感のある内容で、キャストも素晴らしい!」と見どころをアピールした。

【第1話「守護神」あらすじ】

警察学校で研修を終えた冠城亘(反町隆史)は、晴れて警視庁の一員になるが、配属先は社美彌子(仲間由紀恵)が課長を務める総務部広報課に。一方、特命係の杉下右京(水谷豊)は、亘の人事について甲斐峯秋(石坂浩二)に経緯を問うが、峯秋は人事に介入できるほどの力はないと答える。

そんな中、捜査一課に人を呪い殺したという来栖初恵が出頭する。宮田太を殺したというが、宮田は3日前に用水路で溺死していたが、事故死と断定されていた。

初恵は自分を罰してほしいと訴えるが、伊丹憲一(川原和久)や芹沢慶二(山中崇史)は現行法では逮捕することも罰を与えることもできないと初恵をなだめる。

この奇妙な訴えに興味を持った右京は一人で捜査を始めることに。自分が呪い殺したと本気で信じ切る初恵と面会した右京は、過去の例を調べると、初恵がこれまで宮田を含めて3人を呪い殺したと告白。そして、それは青森に住んでいる祖母の影響だと明かす。

そんな右京の動向を知った亘は、独自に過去の事件資料を入手する。美彌子は亘を見とがめるかと思いきや、右京の捜査に協力して報告せよと課長命令を下す。

最終更新:9/14(水) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集