ここから本文です

拡大するWikiの寄付広告「広告入れれば」の声も

R25 9月14日(水)7時0分配信

以前から、日本のユーザーに寄付を呼びかけるメッセージがたびたび表示されているWikipedia(日本語版)。最近、ページ内に占めるメッセージの割合が大きくなっているとして、ネット上で改めて話題になっている。

“誰でも編集できる”ことをウリにするフリー百科事典・Wikipediaは、「私たちは独立性を守るため、一切の広告を掲載いたしません」とし、寄付により運営しているというスタンスを強調。コストとして「サーバー、プログラム、人件費など、世界でトップクラスのウェブサイト同等」の費用がかかるという。今回は300円から寄付を募集しており、

「援助をしてくださる読者はほんの少数です。 今日、読者の皆さまが\300ご援助くだされば、募金活動を一時間で終了することができます」
「ウィキペディアを活用しておられるのでしたら、広告を掲載せずにもう1年活動できるよう、どうか1分だけお時間をください。 よろしくお願いいたします」

などと、切々と訴える。

しかし日本のユーザーからは、黒地の枠内に白い文字で、デカデカと表示されるようになったメッセージにギョッとする声のほか、これまでの“お願い”では、500円、700円、1000円といった金額だったのに、今回「300円」と値下がりしたことについて突っ込む声が続出中だ。

Twitter上には、

「WIKIの募金広告でけええEEEEEE」
「wikiの募金のお願いが、一段とうざったい」
「WIKI開くと上に出て来る結構デカい黒字に白い文字で募金のお願いのやつ、ウィルスか何かかと思うからやめてほしい」
「wikiさんの寄付おねがいしますが超絶でかくなってきてふるえるwwww」

など、“ウザい”と感じているような声がみられるほか、その懇願モードに、

「wikiの募金金額が300円に値下がりしてて面白い。」
「wikiの募金が次第に本気度が増してて、これそのうち、ページクリックしたら、まず募金専用のページを表示させてから、もう1クリックしてwikiのページを表示させるになるんじゃねーかと思う。」

というツッコミもちらほら。しかしその一方で、

「しょうがないなーw
wikiに300円募金してあげるよ(`・ω・´)」
「久々ウィキ見ようとしたら説得され、300円寄付したわ」
「wikiの募金メッセージが我慢の限界を超えたので寄付してしまった。」

と、寄付したという報告も散見される。

「wikipediaの『広告なしで運営するために寄付ください!』のメッセージがウザったいので、『広告ありでこれがなくなるなら、それでもいいな』と思ってしまう今日この頃」
「Wikipediaは広告を掲載せずに寄付を募って運営してるから寄付を煽ってくるけど、いや広告掲載すればいいじゃんって思うのは僕だけですか?」

とツイートする人もおり、“もう広告を入れてもいいのでは?”という声も少なくないが、そこは冒頭で述べたとおり、Wikipediaは“記事の独立性”を守るというスタンス。継続して運営するには当然コストがかかり続けるということだが、果たしてこの“寄付のお願い”、いつまで続くのか…。

(花賀 太)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9月20日(火)21時29分

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場