ここから本文です

森進一が息子Takaについて語る「親を忘れなければいい」

NEWS ポストセブン 9/14(水) 16:00配信

 9月9日、10日、静岡県浜松市の野外公園「渚園」でONE OK ROCKのライブが開かれた、2日で11万人の観客を集め、大盛り上がりとなったが、一部のファンは「Hard to Love」という楽曲の披露がなかったことを残念がっているという。

 この「Hard to Love」はCD化されていないが、7月のアメリカのライブで初披露された曲。ボーカルのTaka(28才)が、父である歌手・森進一(68才)との断絶と和解を歌ったものだ。

 森進一と森昌子(57才)夫妻の長男として生まれたTaka。森は厳しい父親として、Takaを育てていたが、離婚後、森昌子が親権を持ち、父子の関係は一時断絶したとも言われていた。しかし、実際には森は息子のことを常に気にかけていたという。

 そして、森は最近、ワンオクのライブによく行っている。Takaのインスタグラムには、控え室での父子ツーショットが掲載されることも珍しくない。森にとって、息子の存在が日々の癒しなのだという。

 朝4時起床、8時就寝。ご飯は自炊で、飲み会は苦手。友人も少ない。都心の大豪邸で、ひとり仏壇に米を供え、読書をし、花に水をやる。古希を控えた森は、我欲や執着を捨て、住職のような毎日を送る。

「息子と過ごす時間が救いというか。“この前、子供が来てくれた”って嬉しそうに言っていました。でも泊まっていかなかったって、しょんぼりと(笑い)。Takaのあの新曲を知ったら、なんて言うかなぁ」(森の知人)

 9月11日の昼下がり、散歩帰りの森に声をかけた。

──森さん、ワンオクの10万人ライブ、行きましたか?
「あれね、行こうかと思ったんだけど。遠いし暑いし、人混みもちょっとね。遠慮してしまったんです。良いライブだったと聞きました」

──大変な盛り上がりでした。
「うん。頑張ってるみたい」

──今、父への感謝を歌った新曲が話題になっていて…。
「『Hard to Love』でしょう、知っています」

──どんな感想を?
「そりゃ嬉しいですよ。心震えるっていうのかな。“誇りに思ってるよ”って、あの子にメールしました」

── 一時、断絶なんて言われてましたね。
「父と子ですから。縁が切れるわけないんです」

──息子さんと会っている?
「ま、たまにね。親を忘れてなければいいんです。体さえ健康に生きていてくれたら、僕はなにも言うことない」

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

最終更新:9/14(水) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。