ここから本文です

アプガ&チャオベラ、海外のアイドルファンも魅了!

Smartザテレビジョン 9/14(水) 7:30配信

アップアップガールズ(仮)、チャオ ベッラ チンクエッティが9月10日、韓国・ソウルで行われた「日韓アイドルサミット in SEOUL」に出演した。

【写真を見る】チャオベラ・ロビンはドッキドキ!?

今回のイベントは、光文社の女性サイト「GF」のアイコンを中心に企画構成されたもの。「アイドルサミット」前に「新世界免税店明洞店」の1日店長を務めたメンバーは、テンションを上げてイベントなどをこなし会場入りした。

トップバッターのチャオ ベッラ チンクエッティは「True Hearts ~ファンタスチック 4~ Ver.A」でライブをスタート。岡田ロビン翔子は、「私たち、初めての韓国でのライブですごくドキドキしてますけど、初めましての方も音楽を通じて一緒に楽しんでいってください」とあいさつする。「Do Me! Do!」「さぁ来い!ハピネス!」などで白熱のパフォーマンスを見せ、「なんじゃこりゃ?!」「乙女! Be Ambitious!」で会場をヒートアップさせた。

アップアップガールズ(仮)は「イチバンガールズ!」で、最初からパワー全開。佐藤綾乃は、「結成6年目にして初めて韓国でライブができて、本当にうれしいです。私たちはUFZSというカバーダンスグループでも活動していて、アプガとして、UFZSとして韓国に来られたらいいなと思っていたので、今幸せな気分でいっぱいです」と喜び、「韓国に着いて、ガイドさんに最初に習った言葉は『ペゴッパ(お腹が減った)』」と食欲旺盛ぶりを見せる。

佐藤が「韓国のおいしい物をたくさん食べて、パワーをもらってライブを迎えたので、一緒に楽しんでいってください!」と声を上げ、キュートな「バレバレ I LOVE YOU」や盛り上がり必至のスカチューン「アッパーレー」で会場をアプガ色に染めていく。

続いて10月11日(火)発売のニューシングルから、佐藤が作詞を担当した「YOLO」をエモく熱唱。代表曲「アッパーカット!」「サマービーム!」で会場の熱気をさらに上げてライブを締めくくった。

翌11日には、アップアップガールズ(仮)とチャオ ベッラ チンクエッティはソウルの繁華街「東大門 Goodmorning City」でストリートライブを開催。チャオ ベッラ チンクエッティは「りぼん」「ギミバニラ!」「二子玉川」など、緩急をつけたステージを展開した。

アップアップガールズ(仮)は'11年2月からK-POPカバーダンスユニット・UFZSとして活動しており、6年目にして目標の地でのパフォーマンスが実現。UFZSとして現地の人たちを魅了し、さらにアップアップガールズ(仮)として「パーリーピーポーエイリアン」「!!!!!!!」(バンバンバン)を響き渡らせ、大きな歓声を浴びた。

最終更新:9/14(水) 7:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円