ここから本文です

2016年は“VR元年”!?TGSで最新技術を体験

東京ウォーカー 9月14日(水)10時45分配信

今年で20周年を迎える“日本最大規模のゲームの祭典”東京ゲームショウ(以下、TGS)。9月17日(土)、18日(日)の一般公開日には、例年同様多くのゲームファンが訪れること請け合いだが、今回は特に「VR」の試遊ブースが注目を集めることだろう。

【写真を見る】VR試遊のほか、当日は声優のステージイベントもある「刀剣乱舞-ONLINE-」

「VR」とは、バーチャルリアリティのこと。専用のヘッドマウントディスプレイを装着して周りを見回すと、視界全てが仮想現実の世界に!360度、どこを見渡しても仮想現実の景色なので、まるで別世界に降り立ったような感覚に陥る。さらにヘッドホンからの音も相まって、その臨場感に驚くこと間違いなしだ。

今回のTGSでは、10月13日(木)発売の「Playstation(R)VR」がいち早く試遊できるプレイステーション(R)ブースの他、VRを試遊できるブースが続々と登場する。その中の一部をご紹介!

■ カプコンブース ■BIOHAZARD 7 resident evil(バイオハザード7 レジデント イービル)

全世界累計販売数6900万本の実績を誇る「バイオハザード」シリーズ。その最新作が、TGSではVRでの試遊できる。“アイソレートビュー(主観視点)”を導入し、今まで以上の恐怖を体験できるという。体験はVRの他にも、PlayStation(R)4通常試遊台も用意されている。

■ DMM GAMESブース ■DMM GAMES VR x 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.

歴代の名刀・名槍が戦士の姿となった“刀剣男士”を育て、敵を討伐するゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」。18日に行われるステージイベントのほか、刀剣男士の1人「三日月宗近」を題材にしたVR体験ブースが登場。ここだけの限定なので、貴重な体験となりそうだ。※試遊の事前応募終了

■ ボルテージブース ■スイートルームで悪戯なキス 「椅子ドンVR」

過去3回の出展では、リアルイケメンによる“壁ドン”や“あごクイ”などで、最大120分待ちの行列が出来たボルテージブース。今回は、初披露となる「椅子ドンVR」が注目。リアルとバーチャル、どちらのイケメンにも胸キュンしてしまう!?

今年大注目のVR。試遊には整理券が必要な場合や抽選の場合があるので、事前に確認して行こう。【ウォーカープラス/友ことみ】

最終更新:9月19日(月)21時24分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]