ここから本文です

茶寮都路里の京都3店で壷切茶の秋限定スイーツが話題

東京ウォーカー 9/14(水) 14:22配信

祇園を本店とする宇治茶や抹茶スイーツの人気店、茶寮都路里では、秋限定のお茶「壷切茶(つぼきりちゃ)」を使った限定メニューが登場。京都の3店舗で、それぞれの独自メニューが楽しめるとあって話題を呼んでいる。

【写真を見る】壷切茶を使用したクレープをふくさに見立て、 ほうじ茶カスタードや栗、 抹茶入り玄米せんべいを包み込んだ「壷切茶のふくさ」(1437円※京都伊勢丹店限定)

祇園本店限定の「秋の花籠 ―壷切茶を添えて―」(1301円)は、 壷切茶のタルトに秋色の食材をかごに盛り合わせ、キリッと冷やした壷切茶を添えて提供される。壷切茶のクレーム・ダマンドを入れて焼き上げたタルトは、 安納芋ペーストがトッピングされ、秋らしい一品。キューブ状に仕上げたひとくちサイズのほうじ茶ムースは、 きな粉でコーティングした香ばしい味わい。10月中旬までの限定メニューとなっている。

京都伊勢丹店限定の「壷切茶のふくさ」(1437円) は、壷切茶を使用したクレープをふくさに見立て、 ほうじ茶カスタードや栗、 抹茶入り玄米せんべいを包み込んでいる。 さらに、 かぼちゃプリンや紅いもクリームなど、秋の味覚がふんだんに盛り込まれている。優しい味わいの水出し壷切茶ともよく合う。メニュー提供終了時期は未定。

高台寺店限定「ちいさい秋みぃつけた」(1188円)は、壷切茶とアズキの羊羹に抹茶カステラを重ね、その周りに4種のアイスや安納芋のモンブランなどを散りばめた見た目にも可愛らしい一皿。こちらにも水出し壷切茶が添えられる。メニュー提供終了時期は未定。

京都観光の際は、行列の絶えない超人気店で、ぜひ秋ならではのメニューを堪能しよう!【関西ウォーカー編集部/油井康子】

最終更新:9/14(水) 14:22

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革