ここから本文です

チームラボの常設展示が大阪芸大に登場!しかも無料!

東京ウォーカー 9/14(水) 21:21配信

大阪芸術大学で「チームラボ お絵かきピープル」の常設展示が9月11日からスタート。同大学の11号館で、来場者が紙に描いた男の子や女の子などの、ピープルが集まる広場を表現した作品を展示している。

手掛けるのは、デジタル社会のさまざまな分野のスペシャリストから構成され、アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を曖昧にしながら活動している、ウルトラテクノロジスト集団、チームラボ。

最先端技術を駆使したユニークな作品を全国各地で展開し、注目を集めている彼らによる作品が常設で展示されるとあって、早くも話題となっている。

会場で紙に自由にピープルの絵を描くと、描いた絵に命が吹き込まれ、目の前の巨大な草原で歩き出し、他の人が描いたピープルとコミュニケーションを取り始める。また、ピープルに触ると、さまざまなアクションを取るなど、来場者が参加して楽しめる展示内容となっている。

さらに、大阪芸術大学で2017年に誕生するアートサイエンス学科の開講以降は、“大阪芸術大学×チームラボ”プロジェクトとして、学生と共にオリジナルのピープルの制作を予定している。【関西ウォーカー編集部/豊田裕美】

最終更新:9/14(水) 21:21

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。