ここから本文です

箸休めやお弁当のスキマに。「にんじん明太子」

東京ウォーカー 9月14日(水)21時30分配信

お弁当を作っていると、お弁当箱にちょっとした隙間ができてしまうことも。こんな隙間を埋めるのに役立つ「にんじん明太子」をご紹介。隙間に合わせて好きな量を詰められるので、使い勝手がとても良い一品。たくさん食べても1人分たったの31Kcalで、明太子のピリ辛がお酒のおつまみにもよく合う。冷凍庫で1カ月間保存可能なので必要な時にさっと取り出して使え、あるとうれしい常備レシピだ。

【写真を見る】にんじんは、皮にも栄養が詰まっている

【にんじん明太子】(1人分31Kcal、塩分0.6)

<材料・2人分>からし明太子1腹(約60g)、にんじん小2本(約250g)、ごま油、酒、しょうゆ

<作り方>

(1)にんじんは、スライサーまたは包丁でせん切りにする。明太子は1cm幅に切る。

(2)フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、にんじんをしんなりするまで約2分炒める。明太子、酒大さじ1、しょうゆ小さじ1を加え、さっと炒め合わせる。

(3)バットに移し、さめたらカップに入れる。

※冷凍で約1カ月間保存可能。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】 

最終更新:9月14日(水)21時30分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]