ここから本文です

「とと姉ちゃん」に異議あり! 「暮しの手帖」元ベテラン編集者が激白〈週刊朝日〉

dot. 9月15日(木)7時0分配信

 週間平均視聴率が毎週20%を超え、トップを独走するNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」は、まもなく大団円を迎える。ドラマは「暮しの手帖」を創刊した大橋鎭子(しずこ)、花森安治(やすじ)をモチーフとしているが、「事実とあまりに違う」と関係者から“異議”を唱える声が噴出している。

* *  *
小榑:「とと姉ちゃん」を見ていると、「暮しの手帖」の実際と異なるところが多々あります。NHKの担当者からは、「これは事実ではなく、フィクションですから」ということを何回も言われましたが、当時を知っているわれわれからすると、納得がいかないところがありました。例えば、唐沢寿明さんが演じる花山伊佐次は、「暮しの手帖」編集長の花森安治がモデルになっています。ドラマの中では、花山さんは原稿を書くだけの人のように描かれていますが、実際の花森さんは記事の企画や取材、内容の全てのページの絵、写真、レイアウトなど雑誌一冊を隅から隅まで作っていました。高畑充希(みつき)さんが演じる小橋常子は、「暮しの手帖」創刊メンバーの一人、大橋鎭子さんがモデルです。ドラマでは常子が商品テストをやろうと提案したり、編集長と対等に接する人物として描かれていますが、実際には、花森さんの指示のもと、走り回っていた編集部員の一人でした。

――NHKのドラマ作りに異議を唱えたのは、小榑(こぐれ)雅章さん(78)だ。1960年から「暮しの手帖」編集部に所属し、名編集長の花森から18年にわたり薫陶を受けてきた愛弟子の一人だ。

「暮しの手帖」は48年に創刊され、戦後にいち早くファッションなどを紹介。電化製品の性能などを独自に検証する「商品テスト」が論議を呼び、その実証のため公開テストを行い、話題をさらった。最盛期は100万部近い発行部数を誇った。

小榑:そこは主人公がとと姉ちゃんの常子だから、フィクションだからとNHKに言われましたが、商品テストをやった雑誌は「暮しの手帖」しかない。ドラマに登場する商品テストでは、欠点を明らかにしたり、「これは駄目です」と言ったりすると、アカバネ電器が悪役として嫌がらせをして、最後には勧善懲悪的な結果になるのですが、あれもまったくのフィクションです。企業の方々はもっとビジネスライクに来て、文句などは言わずに話し合いをしていましたよ。

1/3ページ

最終更新:9月15日(木)11時52分

dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

dot.(ドット)

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「dot.(ドット)」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、dot.独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]