ここから本文です

海外ファミコン復刻版に熱狂 まるで“おやじホイホイ”〈週刊朝日〉

dot. 9月19日(月)16時0分配信

「待ち遠しくて仕方ない」「僕は任天堂の大ファン。クリスマスが楽しみだ」

 ツイッター上でいま、「ファミコン」に関する多くのつぶやきが飛び交っている。日本の話? いやいやアメリカの話だ。

 任天堂の米法人Nintendo of Americaは、海外版ファミコンであるNESの復刻版、「NES Classic Edition」の発売を今年7月に発表した。価格は59.99ドル(約6200円)。手のひらサイズで、テレビに接続して遊ぶ。30のゲームがインストールされており、スーパーマリオブラザーズやゼルダの伝説、ロックマンなど往年の名作がめじろ押しだ。

 11月11日から発売開始予定だが、8月下旬Amazon.comで先行予約の受け付けを開始。ものの数分で在庫切れに。商品批評などのネットメディアCNET副編集長のショーン・ホリスターさんは、

「いま米国は80年代を懐かしがる人が多い。小さくかわいくて、安いので、ホリデーシーズンに衝動買いされそう」

 と分析する。

「日本でも販売してもらいたいですね」

 と語るのは、80年代にファミコンブームを牽引した高橋名人(57)だ。昭和のゲームをいまだにやりたい人はけっこういるという。

「30本のタイトルを見ても、ヒット作品らしくていいのでは。ただ、FF(ファイナルファンタジー)が入って、ドラクエ(ドラゴンクエスト)が入っていないのはアメリカっぽい」(高橋名人)

 日本で販売の予定はないのか。任天堂に問い合わせてみた。

「一般論として社内でさまざまなことを検討はしていますが、日本での販売を検討しているともしていないとも、言えることは何もありません」(広報担当)

 しかし、日本のアマゾンで検索してみると、商品があるではないか。どうやら輸入業者が独自に出品しているようで、その価格は約2万円(送料別)。任天堂に再び問い合わせてみると、こんな注意が。

「今回の販売は、北米と欧州のみ。それ以外の地域で使用されることは想定されていません。故障などしても日本法人では保証の対応ができません」(同)

 高橋名人はこう語る。

「任天堂が日本で復刻版を出すとしたら、本体の色を初期の赤と白にするのか、ニューファミコンのグレーにするのか。僕は赤と白がいいですね。言い方は悪いですが、本当に“おやじホイホイ”になりますよ」

 ファミコン世代の思いは届くか。

※週刊朝日 2016年9月23日号

最終更新:9月19日(月)16時0分

dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

dot.(ドット)

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「dot.(ドット)」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、dot.独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!

5度目の核実験 北朝鮮を止めるには

5度目の核実験に踏み切った北朝鮮。阻止するすべはないのか、北朝鮮情勢に詳しい専門家やベテラン研究者に聞いた。