ここから本文です

三宅健と風間俊介がリオ・パラリンピックのメインパーソナリティに抜擢された心温まる理由

週刊女性PRIME 9月14日(水)17時21分配信

日本選手団の大活躍で幕を閉じたリオ五輪。史上最多の41個のメダルを獲得したが、勢いそのままにパラリンピックも開幕している。そんな現地の状況を伝えるのは、風間俊介。同じジャニーズ事務所の三宅健も、メインパーソナリティーとして競技を盛り上げる。なぜこの2人が抜擢されたのか? そのウラには、心温まるドラマがあった─「今回の番組では、障がいのある方もない方も、テレビの前で一緒に感動できるような番組にしていきたいです」

 こう意気込みを語ったのは、NHKでリオデジャネイロ・パラリンピックのメインパーソナリティーを務めている、V6の三宅健。今回の放送で彼は、同局でこれまでになかった初の試みに挑んでいる。

 「聴覚障がい者の方に向けて、手話でルール解説や見どころを説明します。視覚障がい者の方に向けては、音だけで試合の全容を把握できるような解説をつけるそう。三宅さんは今回、手話で番組を盛り上げます」(テレビ誌ライター)

 三宅は'14年4月から、Eテレの『みんなの手話』のナビゲーターを務めている。実は、この番組で手話を勉強しはじめる前から、学んでいたというのだ。

「'05年にデビュー10周年を迎えたV6は、全国6都市で10万人規模の握手会を行ったんです。その際、ファンの1人から手話で話しかけられた三宅さんは、なにも返事ができなかったことが心にずっと引っかかっていた。そこで翌年から、仕事の合間を縫って手話教室に通いはじめたんです」(スポーツ紙記者)

 '06年から毎週木曜日に2時間、区の手話講習会に通った腕前は確かなもので、

「過去に番組でタッグを組んでいた教育者の早瀬憲太郎さんと、彼の奥さんと、'10年に行われたSPEEDの武道館公演を訪れたそう。その際、耳の不自由な2人にMCや曲の内容を手話で教えていたそうですよ」(芸能プロ関係者)

 と、メキメキ腕を上げていった。今回も、一緒にパラリンピックの会見に臨んだ早瀬氏は、“三宅さんの手話が上達しているか期待していましたが、素晴らしい”と、太鼓判を押す。

1/2ページ

最終更新:9月15日(木)11時18分

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9月20日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)