ここから本文です

『とと姉』の妹役・相楽樹、3姉妹のリアル休日は「日向ぼっこしながらしゃぼん玉」

週刊女性PRIME 9/14(水) 5:00配信

 8月25日にすべての撮影を終えた『とと姉ちゃん』。昨年の11月にクランクインしてから約10か月。ヒロイン・常子役の高畑とともに小橋家の次女・鞠子を演じてきた相楽に直撃インタビュー! 

「ああ、終わっちゃうんだ”と思ったのは、とと姉(高畑充希)がアップした日ですね。私はその6日前にアップしましたが、その日よりもこれで全部終わったんだという感じがして、ちょっと寂しくなりました。

 長い撮影期間でしたが、誰よりもセリフが多くて、一番現場にいるとと姉が頑張っているから、私たちも頑張ろうと思えました。

 とと姉がガソリン切れになりそうなときも絶対にあったと思うのですが、美子(杉咲花)とふたりで、いつもそばにいるぶん、私たちは支えになれるよう一緒にご飯に行ったり、ちょっと笑わせたりして、なるべくそばでサポートしよう、とサイドを固めたという感じです」

 相楽自身、'10年『ゲゲゲの女房』以来、2度目の朝ドラ出演だが、

「前回とは全然違います。あのとき、私の撮影は2日間くらいで終わってしまって(水木しげる夫妻の次女の同級生役)、向井(理)さんとのシーンもなくて。今回の現場で向井さんと一緒になって、まさか『とと姉ちゃん』でこんな大きな役がもらえるなんて思ってもいませんでした、って話していたんです」

 実生活では未経験の結婚・出産も、作中で鞠子として体験した。

「私自身は、娘がいるという状況が非現実的すぎて(笑)。結婚相手の水田さん役の伊藤(淳史)さんは、実際にお子さんもいらっしゃるので、実生活の姿に近いと思いますけど。

 どんな夫婦になろう、という相談はしていませんけど、早く仲よくなりたいと思っていたので、伊藤さんがインしてからご飯に連れていっていただいたり、連絡をとれるときには連絡したりして、少しずつ距離を詰めていけたので、結婚してからのシーンも自然にできたかなと思います」

 “初めての結婚相手”として伊藤は、どんな男性だったのだろうか。

「お会いするまでは、水田さんみたいな気弱なイメージだったんですけど、実際はすごくリードしてくれる方で(笑)。ご飯とかも“俺が予約しておくよ”みたいな感じで引っ張ってくれるタイプ。初めに持っていたイメージとのギャップがあって、それもいいなと(笑)」

 これから成長した娘・たまき役で吉本実憂が登場するが、相楽との実年齢差は2歳……。

「そうなんですよ(笑)。聞いたときはやっぱり戸惑いましたね。吉本さんは19歳だけど、大人っぽい顔立ちなので、よけい私が母親で大丈夫かなって」

 そこで参考にしたのが、一番身近にいる自分の母親だったという。

「私が赤ちゃんだったときや、中学生だったときにどう接してきたか、21歳の今の私とではどう違うと思うかを聞いて、参考にしたりしました」

1/2ページ

最終更新:9/14(水) 5:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)