ここから本文です

長谷川博己と鈴木京香をGoogleが"恋人"認定していた! それってOK?

週刊女性PRIME 9/14(水) 22:21配信

 以前から熱愛が噂になっている、長谷川博己と鈴木京香。Googleで2人の名前を検索すると、Googleが用意しているプロフィールページに「パートナー」としてそれぞれ相手の名前が表示される。やっぱり2人の関係は"恋人"同士ってことなのだろうか? 

 さっそく、長谷川博己の所属事務所に問い合わせたが、担当者不在のため回答を得ることができなかった。

 しかし、鈴木京香の所属事務所に、質問を投げかけてみると、意外な返答が。

「Googleでそういった結果が表示されていることを、まったく知らなかったので助かりました。間違った情報のため、すぐに削除申請をします」

 これは一体どういうことか。そこで、Googleジャパンの代表番号に電話をかけると、一定の音声案内が。しかし、指示通りに進むと、誘導されるのはGoogleのウェブページで一向に担当者にたどり着かない。

 どうやら、内線番号を知らないと、担当者と会話をすることができないシステムになっているようだ。

 困ったので、さらにGoogleで検索を進めると、"代表番号のあとに「0#」を押すとオペレーターが出る"という一文を発見したので、再度電話をかけてみた。すると、男性の担当者が受話器をとった。

――すみません、 質問しても大丈夫でしょうか? 

「はい、こちらGoogleになります。どういったご用件でしょうか」

 声に抑揚がある。どうやら、今回は録音テープで機械的に対応しているわけではなさそうだ。

――検索画面で出てくる有名人のプロフィールにあった「パートナー」という表記については、どういった判断で決まっているのでしょうか? 

「そちらについては、窓口がございませんので、こちらではお答えすることができません。『ウェブ検索ヘルプ』をご覧ください」

――こちらについての回答は個別に受け付けていない、ということでしょうか? 

「『Google検索ヘルプフォーラム』というものがありますので、そちらからご質問ください。返事があるかと思われます」

――鈴木京香さんの事務所は削除してほしいと言っているようですが、こちらもヘルプページから個別に削除依頼を送信するということですか? 

「おっしゃる通りです」

――ありがとうございました。

 どうやら、Googleには会社を代表して個別の案件に答えるような人的機能はないようだ。そこで、Google社の社員も参加するという『Google検索ヘルプフォーラム』で下記の新規トピックを立てることに。

《長谷川博己さんと鈴木京香さんを検索すると、Googleが用意したプロフィールページで「パートナー」として表示されていますが、どのような理由でパートナー認定されているのでしょうか? 》

1/2ページ

最終更新:9/14(水) 22:21

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。