ここから本文です

「一人三役」制度でシニアも女性も大活躍。すべての人が活躍できる、イキイキとした働きがいのある職場をつくる(三州製菓株式会社 代表取締役社長 斉之平 伸一さん)【前編】

日本の人事部 9/14(水) 7:30配信

埼玉県の菓子製造企業である三州製菓は、「一人三役」「会議の男性発言禁止タイム」「一善活動」などのユニークな制度を実施し、女性やシニアを積極的に活用、好業績へとつなげています。社長を務める斉之平伸一さんは、就任当時7億円程度だった売上を昨年度は25億円と約3.5倍もの規模に成長させ、27年連続営業黒字を達成しました。「えるぼし」三つ星認定、APEC女性活躍推進企業50選への選出など、数々の賞を受賞し、三州製菓を「働きがいのある会社」として成長させてきたことでも注目を集めています。人がイキイキと働ける職場をつくるにはどうすればいいのか――。斉之平さんに、詳しいお話をうかがいました。

大企業にはできない、多品種少量生産でニッチマーケットを切り開く

―― 斉之平さんは5年のサラリーマン経験を経て、お父様が創業された三州製菓に入社されました。入社当時はどのような状況だったのでしょうか。

大学を卒業後は松下電器産業に入社し、5年間勤務しました。三州製菓に入社したのは、28歳のときです。入社から12年後の40歳で社長に就任し、それから28年間、社長業を務めています。当社は菓子専門店を中心に、せんべいやあられなどの米菓、揚げパスタ、バウムクーヘンといった洋菓子の製造販売を行っています。就任当時は売上7億円という規模でしたが、昨年度は売上25億円と3.5倍ほどの規模になりました。

このように成長できた要因は、ビジネスモデルの変更にあります。私が就任した当初はスーパーやコンビニエンスストアに、問屋経由で少品種大量生産の菓子を販売していました。しかし、大手企業を競争相手として同じ土俵に立っても、私たちのような中小企業の規模ではなかなか勝てません。そこで製品は大手が手をつけていない高級商品、取り引き先は和洋菓子専門店といったように、ニッチマーケットに絞り込む戦略に転換したのです。

―― 具体的には、どのように会社を成長させていったのでしょうか。

せんべいで言えば、高級米菓を何種類もつくり、全国の和洋菓子専門店や地域の一番店に直取引をしてもらって、それを広げていくという戦略を取りました。また、全国のテーマパークなどにも取引を広げていきました。ニッチマーケットを広げながら同時に商品数も増やし、対応できる分野を広げていったわけです。

菓子の大手企業は量を売る必要がありますから、販売先はスーパーやコンビニエンスストアになります。一方、私たちが狙ったのは全国の菓子専門店など、多品種少量生産の分野です。しかしその場合、たくさんの種類の商品を作る必要があるので、それを可能にする生産システムが必要でした。また、新商品の企画開発が重要ですから、常にアイデアを考えなければなりません。商品全体に対し、新商品が30%以上を占める状態を目標にし、今はパッケージを変えるだけのものも含めて、毎月20~30アイテムの新商品を作っています。

こういった状況で重要なのは、企画開発部門です。以前は男性中心の部署でしたが、今は女性だけの部署になっています。弊社のお客さまの中心は女性であり、店舗ごとにきめ細かく商品を考え提案することは、男性よりも女性のほうが適していると感じています。

女性が力を十分に発揮できるよう、社内会議の進め方にルールもつくりました。社歴の長い男性や役職者の男性が出席している会議では、どうしてもそういう人たちの発言が強くなり、若い女性などは発言しにくいものです。そこで会議中に男性の発言禁止タイムを設け、女性の声だけを聞く時間をつくるようにしました。

また、新商品開発では、顧客の要望を聞いて製品化するまでのスピードの速さも問われますので、ITに積極的に投資し、社内伝達や意思決定のスピードを向上させました。顧客の要望はグループウェアに入れて即座に共有化。それを企画担当や工場長、製造部門の担当者が見て、素早く企画、試作までもっていくようにしています。要望を素早く形にできることは、そのまま強みになります。ITへの取り組みでは、2005年、2006年にIT応援隊IT経営百選で最優秀賞もいただきました。

1/4ページ

最終更新:9/14(水) 7:30

日本の人事部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日本の人事部

株式会社アイ・キュー

毎週更新

無料

日本最大のHRネットワーク。企業研修、採用
、評価、労務などのナレッジコミュニティと
して、イベントや雑誌などと連動しながら
「人・組織」に関する課題解決をサポート。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。