ここから本文です

和歌山・太地でイルカ漁始まる、世界が注視

ナショナル ジオグラフィック日本版 9/14(水) 7:20配信

伝統の追い込み漁に、世界から依然批判の声

 イルカや小型クジラの伝統的な追い込み漁で知られる和歌山県太地町で、9月9日、今期初めてとなる20頭のイルカが捕獲された。

世界各地のイルカ・クジラ漁の写真10点

 アカデミー賞受賞映画『ザ・コーヴ』(2009年)の公開以来、この漁は、年間約1000頭のイルカが水族館に販売、もしくは食肉用に捕殺されているとして、国際的な批判をあびている。2015年、日本動物園水族館協会は、世界動物園水族館協会からの抗議や圧力を受け、この追い込み漁で捕獲されたイルカの売買を禁じる措置をとっている。

 漁は9月から来年3月まで行われる。米国の動物愛護団体ドルフィン・プロジェクトによると、政府が定めた捕獲枠は昨年並みの1820頭。そのうち150頭のハンドウイルカはすでに、世界各地の水族館に売却されることが決まっているという。さらに、公式発表の数以上のイルカが傷つき、命を落としている可能性があると同団体は主張している。

 漁の解禁日だった9月1日には、世界各国から抗議の声があがった。

「イルカが自己認識や社会意識などの高度な認識能力をもつことが科学的に明らかになっている以上、このイルカ殺しを擁護することは到底できません」。米ニューヨーク市立大学ハンター校の心理学教授で、『ザ・コーヴ』の監修も務めたダイアナ・リース氏は、2013年に科学専門誌『New Scientist』でこう述べている。

  保護活動家たちは、2020年の東京オリンピックが注目されることを機に、政府が禁漁に向けて動くことに期待している。

 非営利団体アース・アイランド研究所で、海洋哺乳類を担当するアソシエート・ディレクター、マーク・パーマー氏は、「私たちは日本府政府に、2020年の東京オリンピックで日本に世界の注目が集まることをふまえ、イルカ漁や捕鯨を止めるよう要求しているんです」と語った。

文=Rachael Bale/訳=倉田真木

最終更新:9/14(水) 7:20

ナショナル ジオグラフィック日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事