ここから本文です

1位はあの王子! 世界のイケメン プリンスTOP10

25ansオンライン 9/14(水) 7:10配信

英国はマンチェスターを拠点、ロンドンにも支店を持つ、男性のためのヘア移植クリニック、クラウンクリニックが、1000人の女性たちへ「世界で最もイケてるロイヤルは誰?」というアンケートを実施したそうです。
その結果、1位に輝いたのが、英国のハリー王子。数少ない独身ということも手伝って、ここ数年人気はとどまることを知らず、上昇を続けていましたが、世界のロイヤルの中でも、ついにトップの座を獲得しました。
これまで上位を占めていたロイヤルのプリンスたちといえば、世界で最も美しい50人にも選ばれたモナコ公国のアンドレア・カシラギやスウェーデンのカール・フィリップ王子といった、まさに美青年の典型のような方々でした。
おふたりとも、もはや独身ではないからか、それとも英国内でのアンケートだからか、ハリー王子が美青年ではないという意味ではないですが、どうやらトップに選ばれた理由は、見た目のみならず、「楽しい男性」であることが大きなポイントだったとか。そして、英国やロイヤルファミリーの素晴らしいアンバサダーであることも評価されたようです。日頃の王室チームのPR効果ですね。王子の親しみやすい、リアルな姿が好感度に結びついたというのも、やはり時代を象徴しているように感じます。

【写真】世界のイケメンプリンス ベスト10

ちなみにトップ10は以下のとおり
1位:ハリー王子 31歳
2位:カール・フィリップ王子 37歳
3位:アンドレア・カシラギ 32歳
4位:ハムダン皇太子(ドバイ) 33歳
5位:フェリックス大公子(ルクセンブルグ大公国) 32歳
6位:ヴェンツェスラウス公子(リヒテンシュタイン) 42歳
7位:フェリペ6世 (スペイン国王) 48歳
8位:アメデオ王子(ベルギー) 30歳
9位:ケンブリッジ公爵/ウィリアム王子 34歳
10位:ピーター・フィリップス(英国) 38歳

この中で、独身はハリー王子とハムダン皇太子のおふたりだけ。しかもお年も近いですね。40代のスペイン国王のフェリペ6世がおひとりランクインしているのもカッコイイですね。ご夫妻揃って世界が認める美男美女というわけです。こう見ると、独身か既婚かはさほど関係ないようですね。

調査を行ったクリニックの、外科医の方いわく、

「興味ふかいことに、もしこの調査が5年か10年前なら、ウィリアム王子だったんだろうね。推測するに、恐らくハリー王子と同等、もしくは上位だったかもしれないね。でも順位は下降してしまった。髪がなくなってしまったからね。今や父のチャールズ皇太子よりも禿げちゃったからね。」

と好き勝手なコメント(笑)。

「ハリー王子も、男性の典型的パターンとして、トップ部分に初期の傾向が出ているね。だから、数年のうちにヘア移植するには相応しい候補者と言えるだろう。」

「ピーター・フィリップス氏もこめかみあたりの髪がなくなってきているように、ロイヤルの禿げ遺伝子は強いね。そう考えると、ジョージ王子が成長した際にも受け継がれるんだろうね。」

まだ3歳のジョージ王子まで引き合いに出し、まったくもって言いたい放題ですが、要は、早めに移植を!といった自社宣伝ということですね。

まさかハリー王子を広告塔に!なんてことはありえないでしょうが。

今時の英国スタイルとして国民同様、いっそスキンヘッドにすることも考えたと言われるウィリアム王子に対し、妻キャサリン妃がそのままを要望したという噂も流れました。ロイヤル紳士スタイルは、代々自然エイジング派ですね。

世界の強豪プリンスを抜き、堂々の1位となったハリー王子ですが、最近はもっぱら公務に励まれる姿ばかりで、恋の噂すらめっきり影を潜めてしまいました。先日のインタビューでも、ロイヤルファミリーの一員となり得るパートナー探しの大変さを語られていましたが、落ち着いて欲しいけど欲しくない(笑)。老若男女誰からも好かれる独身プリンス、まだまだ私たち世界中の女性たちに、奇跡という名の夢を与え続けてください。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:9/14(水) 10:52

25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年1月号
2016年11月28日発売

特別定価:880円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

なぜ今? 首相主導の働き方改革