ここから本文です

ペップ・シティのCL初戦は英メディアも驚く豪雨で延期に 予備日の14日夜に仕切り直し

Football ZONE web 9/14(水) 8:20配信

キックオフ2時間前から1時間で32.4ミリメートルの大雨により、ピッチコンディションが悪化

 ペップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)初戦は悪天候という思わぬ形に阻まれた。現地時間13日開催予定のグループステージ第1節ボルシアMG戦がマンチェスター市内に降った豪雨の影響で試合延期となった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 英国営放送「BBC」によると、シティの本拠地イティハド・スタジアム周辺ではキックオフ2時間前から1時間で32.4ミリメートルの雨量が降ったという。また現地の気象予報士によれば、この時期のマンチェスターでは「非常に珍しい」豪雨によって、ピッチコンディションは一気に悪化した。

 市内の公共交通機関も不通になるほどの大雨で、スタジアム内のピッチも水浸しとなった。主審を務める予定だったビョルン・カウパース氏ら審判団がピッチコンディションを確認した結果、ボールが弾まない状況だったため、試合の延期が決定された。

 UEFAの規則によると、延期された試合は予備日に設定されている翌日もしくは別の日に再設定しなければならないとなっている。延期決定から2時間以内にクラブ間によって合意する仕組みとなっており、13日夜から14日夜に変更となったようだ。

 シティは先週末のマンチェスター・ダービーに勝利するなど、今季ここまでの公式戦を全勝と最高のスタートを切った。その勢いに乗ってCLでも戦いたいところだったが、悪天候という“想定外の相手”によって仕切り直しとなってしまった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/14(水) 8:29

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。