ここから本文です

全米オープンを熱くした、日本と世界の「テニス美女」たち

webスポルティーバ 9/14(水) 7:50配信

 錦織圭の快進撃に沸いたグランドスラム、全米オープンテニス。日本の女子選手も3回戦まで進出した大坂なおみ選手をはじめ、多数出場して、奮闘した。まだ若くて、美しい彼女たちは将来性も十分。名前を覚えておいて、損はない!

■日本女子を牽引!トップ10も射程圏内! 土居美咲の写真はこちら

 賞金額も観客数も最大規模で華やかな全米オープンは、女子選手のウェアもカラフルで華やか。選手の個性がより反映されて、輝いて見える。これから世界を舞台に活躍するであろう将来有望な選手たちを日本人を中心に紹介する。

●日本女子を牽引! トップ10も射程圏内
土居美咲選手(25歳/世界ランクシングルス35位)

今回の全米オープンではグランドスラム初のシード(第30)を獲得。しかし、残念ながら1回戦で敗退。昨秋にはWTAツアー初優勝。今年も台北オープンで準優勝するなど、着実に力をつけており、今後はトップ20、トップ10を視野に入れる。

●花の「1994年組」が世界にはばたく!
穂積絵莉選手(22歳/世界ランキングダブルス45位)
加藤未唯選手(21歳/世界ランキングダブルス55位)

今回の全米オープンダブルス戦で3回戦まで進出。最後は第1シードのペアに敗れたものの大健闘、ランキングを大きく上げた。今後の活躍も大いに期待できる同級生コンビ。テニスファンの間では、ふたりのチャーミングな笑顔に人気が急上昇中!

●笑顔でピース! スランプを脱して再び上位へ
奈良くるみ選手(25歳/世界ランクシングルス81位)

練習コートで、日本人、海外のファンから「かわいい、かわいい」と声をかけられていた彼女。一時のスランプを脱出し、この全米オープンでも1回戦を勝ち上がった。笑顔のピース姿に今の調子のよさがうかがえる!?

●シングルス、ダブルス二刀流で世界に挑む!
日比野菜緒選手(21歳/世界ランクシングルス76位)

粘り強いストロークを持ち味に昨年、ツアーを初制覇。一気にトップ100の壁を破った。今回の全米オープン、シングルスは1回戦負けだったものの、ニコル・ギブズと組んだダブルスでは3回戦進出。ダブルスの成長も著しい。

1/2ページ

最終更新:9/14(水) 14:56

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革