ここから本文です

創業245年の老舗が3年かけてつくった極上の本みりん!九重味淋の『御所櫻』

サライ.jp 9/14(水) 13:10配信

料理に欠かせない本みりんの歴史は古く、室町時代に「飲む甘いお酒」として中国から渡来し、江戸時代中期ごろから調味料として使われはじめたのだという。現在の和食や日本料理の原点ができあがり、各種基礎調味料の製造も盛んになってきた時代だ。

九重味淋(ここのえみりん)が創業されたのも、そんな時期と重なる徳川治世の安永元年(1772年)。蔵元の多くが創業したのは明治・大正時代なので、かなり早い時期からその歩みを進めてきたわけだ。

間もなく創業245年を数える同社だが、現在に至るまで脈々と伝統製法を受け継ぎ、妥協を許すことなく高い品質を守り通している。

今回発売された「三年熟成 本みりん 御所櫻」は、そんな九重味淋が美食家のためにつくり上げた、長期熟成のプレミアムな本みりんである。

最大の特徴は、通常のみりんの倍以上の時間をかけ、じっくりと熟成させている点だ。しかも熟成に使用しているのは、国の登録有形文化財にも指定されている築300年の「大蔵」。江戸の昔から蔵に棲みついた微生物の働きにより、長期熟成ならではの滑らかな甘みと、複雑なうまみを引き出している。

味見をしてみればすぐにわかるのは、トロリと濃厚で、それでいて上品かつ自然な甘さ。

原料に使用しているのは、国内産のもち米、米麹、米焼酎のみ。そしてもちろん、混ぜ物は一切なし。自然が醸す滋味が、素材本来の味を引き立たせてくれる。つまり、食の安心・安全を気にかける人に最適だというわけだ。

だから少量を加えるだけで、汁物も、煮物も、焼き物も、味がぐんと引き立つ。真の美食家なら、ぜひとも試していただきたい逸品だ。一度使ってみれば、奥深い味に魅了されることだろう。

【三年熟成 本みりん 御所櫻】
価格:2,500円(税別)
購入:九重味淋直売所および九重味淋オンラインショップ

取材・文/印南敦史

最終更新:9/14(水) 13:10

サライ.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。