ここから本文です

志村けん「退院4日後」岩盤浴デートで、もうだいじょうぶだぁ~。

女性自身 9/14(水) 6:01配信

「麻布十番の岩盤浴店にいま、志村けんが入っていきましたよ」

 そう聞いた本誌記者は、耳を疑った。この日は9月4日。8月19日に肺炎で大阪市内の病院に入院した志村けん(66)が、無事退院したのが8月31日。まだ4日しかたっていない。

 退院の日、関係者は「仕事復帰は体調を見て決める」と話していたが、もはや体調万全なのか! 

 半信半疑で問題の店に駆けつけた記者は、今度は目を疑った。夜8時過ぎ、店から出てきた志村の後ろには、見たところ20代、ロングヘアの橋本マナミ似美女が。男一人の13日間の入院生活を終え、さっそくのデートだ。

「志村が入った岩盤浴店には、中から鍵のかかるプライベートルームがあり、2人きりで時間を過ごせます。志村がその部屋を利用したかどうかはわかりませんが、多くの芸能人がお忍びで通っているようです」(常連客)

 岩盤浴店を出た2人は近くの隠れ家的な鉄板焼き店へ。店にひとつしかない個室に、いそいそと姿を消した。

「志村さんは焼酎を飲んでご機嫌。店員に『最近は、もう肉まで食べられないんだよ』と話していました。でも店員は『魚介類をたくさん召し上がりましたからね』と話していたから、食欲はあるみたい(笑)」(居合わせた客)

 午後10時、店を出た志村は紳士的に、美女をタクシーに乗せて帰す。おいしい食事に笑顔の彼女に、手を振る志村。

 病み上がり、さすがのモテ男も枯れたのか……と思ったら、残った志村はこのあともう1軒飲み屋に行って、さらに行きつけのガールズバーへ。これで退院4日後。いやはや元気。もう、だいじょうぶだぁ~。
(週刊FLASH 2016年9月27日、10月4日号)

最終更新:9/14(水) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。