ここから本文です

iPhoneの新イヤホン「AirPods」──買いは「iPhoneとつながりやすい」ことくらい

WIRED.jp 9/14(水) 12:21配信

ず、その見た目は小さなヘアードライヤーか、モヤシか小さなゴルフクラブ、といったところだ。あるいは、アップルが2007年につくったBluetoothヘッドセットに似ている。アップルの「より薄く、よりシンプルに、丸く、白く」というプロダクトデザイン哲学を考えれば、当時から9年が経ったいま、この形にたどり着いたことも容易に想像できる。

【写真を見る】AirPodsと、そのケースはこんな感じだ。

ルックスが全てではない。それに、「AirPods」のこの見た目は、ワイヤレスという最も重要な機能ゆえのものだ。壊れたり絡まったりする部分がなく、プラグに挿す必要もなし、電車で他人のリュックに引っかかることもない。ただただ素晴らしい、聴覚的自由!

耳にもよくフィットする。走っていても外れなかったくらいだ。電池の寿命は宣伝されていた5時間より、もう少しだけもった。6日間使用したが、充電したのは1度だけだった。

▼音質に価値は見出せない

AirPodsのおかしなところがあるとすれば、それは見た目ではない。アップルは明らかに、その音質を全く意識しなかったのだろう。159ドルを払って手に入れたとしても、iPhoneを買うと同梱されている「EarPods」と比べて、ちっともいい音質が手に入らないのだ(AirPodsの日本での予価は1万6800円)。

統計的に見ても人々はEarPodsで満足しているわけで、AirPodsでも満足できるのかもしれない。しかし、50ドル以上するヘッドホンを買えばAirPodsより十分にいい音質が手に入るだろう。100ドル以上もするものであれば確実だ。

ならば、その価格は一体何によるものなのだろう? ひとつ言えることとして、マイクは素晴らしい。デュアルマイク設定と、かすかな震動で話しかけられたことを感知する優れたノイズ除去テクノロジーによって、いままででも抜群にクリアな音質をもった入力デヴァイスになったことは確かだ。

完璧なペアリング

さらに重要なのは、アップルが成し遂げた「ハードウェアとソフトウェアの統合」だ。AirPodsを箱から出し、デンタルフロス容器のような充電ケースから取り出し、iPhoneの隣に置く。するとiPhoneの画面にポップアップウィンドウが現れ、「あなたの新しいAirPodsに接続したいですか」と尋ねてくる。大きな「接続」ボタンを押せば、全てが完了するのだ。

以降は、充電ケースを開けてAirPodsを耳に入れるとすぐに効果音が鳴り、iPhoneに接続されたことを知らせてくれる。音楽を聴いている途中にイヤホンを片側だけでも取り外すと、自動的に一時停止される。耳に戻すと音楽が再生される(ちなみにこの機能は不完全なようで、ときどき機能しなかった)。片側だけを耳に入れ再生を開始すると、自動的にモノラルモードになる。

Siriを起動するには、ヘッドホンをダブルタップする。また、AirPodsはiPhone以外のどのデヴァイスと組み合わせてもBluetoothヘッドホンとして機能する。

AirPodsの音は、例えばペアリングしているiPhoneをカバンの奥深くに入れると、ほんの一瞬途切れる。とはいえ、それもさほど頻繁に起きるわけではないし、ほかのBluetoothヘッドホンよりはマシだともいえる。

▼身につけたいか?

Siriをダブルタップですぐに呼び出せるのは、AirPodsのもっとも優れたポイントのひとつだといえる。

AirPodsは、詰まるところ「耳に入れるコンピューター」だ。こうしたアプローチを試みているのはアップルが最初ではないが、同社には自らの思いのままにできるエコシステムがある。アップルは、AirPodsをあらゆるデヴァイスと相互作用させるハブとして機能させていくのかもしれない。Siriが重要になったいまでは、特にそうだ。

AirPodsを常に身につけていたいと思うだろうか? これまでの経験からすると、どんなワイヤレスイヤホンも慣れるまではまだしばらく時間がかかるだろう。AirPodsが耳から飛び出した2本のアンテナのように見えるのは、あまりポジティヴなことではない。

いまのところ、より優れた音質のワイヤレスイヤホンは同じ価格、あるいはもっと安価で手に入る。その方が着け心地はもっといいし、見た目も機能ももっと優れている。AirPodsを買うとすれば、抜群の利便性を買っているのと同じで、そのほかには何もない。

とはいえ、AirPodsの今後には期待が高まる。付属品や趣味の域から出て、アップルにとって決定的な未来となるようなプロジェクトになっていく可能性をも秘めている。AirPodsは、ほかの何でもなく「Siriマシン」だ。そしてSiriと同じように明るい未来がある。ただし現在においては、非常にぎこちない。

DAVID PIERCE

最終更新:9/14(水) 13:32

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。