ここから本文です

清武がCL初先発へ セビージャ2列目の一角を担い、イタリア王者ユベントスに挑む

Football ZONE web 9/14(水) 11:45配信

10番を背負う期待の新戦力ナスリは、ウイルス感染により登録メンバー外

 セビージャの日本代表MF清武弘嗣が、14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)開幕戦で激突するイタリア王者ユベントス戦でスタメンデビューの可能性が高まっている。一方、セビージャの10番を背負う元フランス代表MFサミル・ナスリは、ウイルス感染により試合の登録メンバーから外れたことが発表された。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 今夏の移籍市場でマンチェスター・シティから期限付き移籍で加入したナスリだが、この大一番を欠場することが決まった。セビージャはチームの公式サイトで「傷からのウイルス感染」と発表している。19人のユベントス戦への帯同メンバーに名前は入らなかった。

 一方で、清武はスタメン出場の可能性が高まっている。現地で生中継を担当するスポーツ専門衛星放送局「ユーロスポーツ」のイタリア版は、セビージャのシステムを4-2-3-1とし、清武は2列目の右サイドで起用されると予想した。トップ下には、イタリアのパレルモから加入したMFフランコ・バスケスが入る見込みで、1トップにはFWルシアーノ・ビエットが復帰するとされた。

 10日のリーガエスパニョーラ第3節ラス・パルマス戦は欠場していた清武だが、指揮官が代表活動に活動していた清武のコンディションを考慮し、あえて温存していたと見られる。ユーベ戦での活躍を期待し、チームに合流後はコンディションの調整に専念させていたようだ。

清武はキエッリーニとの対峙が多くなるか

 ホームにセビージャを迎え撃つユベントスは3-5-2システムと見られる。最終ラインは今夏の欧州選手権でも“イタリア版BBC”と呼ばれたDFアンドレア・バルザーリ、DFレオナルド・ボヌッチ、DFジョルジョ・キエッリーニによる鉄壁のイタリア代表トリオに加え、GKには絶対的な守護神であるジャンルイジ・ブッフォンが入る。予想スタメンの通りなら、清武はキエッリーニとマッチアップする機会が多くなりそうだ。

 セビージャは昨季のCLでグループステージ3位に終わってUEFAヨーロッパリーグに回ったが、結果的に同大会3連覇を成し遂げた。しかし、目標はあくまでもCLでの決勝トーナメント進出。2季連続で同組となったユベントスとの一戦で、清武はヨーロッパ最強クラスの守備陣を突破することができるか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/14(水) 13:29

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。