ここから本文です

モーニング娘。OG 石川梨華、「ザ☆ピ~ス」センター時代の裏話明かす 「緊張感、圧があった」

リアルサウンド 9/14(水) 11:52配信

 徳井義実(チュートリアル)、後藤輝基(フットボールアワー)、指原莉乃(HKT48)が司会を務める『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)の9月14日放送分には、柴田淳、石川梨華、水野裕子が出演。「トリオ THE 友達ほぼゼロ女」というテーマでトークを繰り広げた。

 番組序盤、柴田は半生を振り返りながら、高校時代に怖い先輩がいたことを話した。その話題から徳井が指原に「AKB48の先輩で怖い先輩おらへんの?」と質問すると、指原は真顔で「それは言えないです」と回答。続けて「先輩ってどの世界もそうじゃないですか。私も今、後輩にそう思われてると思うし。でも、先輩に『え、何で?』って思うことはいっぱいありました」と話した。後藤が「『え? こいつ何言うてんの?』みたいな」と被せると指原は「はい。今は絶対に言わないって決めてるんです」と述べた。続けて指原は、先輩とハイブランドの靴が被った際に「もっと似合うのあるっしょ」と注意されたことを明かし、「そういうエピソードはいっぱい持ってるんで、10年後楽しみにしててください」とスタジオメンバーの笑いを誘った。

 番組中盤では、石川がモーニング娘。時代にセンターを務めた「ザ☆ピ~ス!」の話題に。徳井が「初センターっていうのはどういう気持ちなんですか?」と質問すると、石川は「絶対的エースの安部(なつみ)さんがいて、ごっちゃん(後藤真希)が『LOVEマシーン』で入ってきた時から2トップみたいな形でいて。まさか新人の私が来るなんて誰も思ってない時代だったんですよ。ジャケット撮影の時に初めて知るんです。その衝撃って私だけじゃなくてメンバーみんなあったので、横から上からのなんとも言えない緊張感、圧があったのはすごく覚えてます」と明かし、「この時に相当メンタルは鍛えられましたよね」と述べた。

 また、自身も“友達ほぼゼロ女”である指原が、「友達いないあるある」を発表した。「卒アルの最終ページが白紙のまま」「先生の『2人1組になって』が恐怖」「何かの間違いでボウリングに行くはめになり、自分が投げた後、うしろを振り向くのが怖い」「結婚式に呼ぶ友達がいないと今から心配している」とフリップボードにてプレゼン。終盤、「地元に友達はいないけど、同級生の名前をツイッターで検索しているので現状は知っている」と地元の土地名を入れて検索していることを話し、カメラ目線で「王子中の皆~見てるよ~!」とドヤ顔で叫ぶと後藤から「怖っ!」とツッコミが入った。

 次回9月27日放送分では、水野美紀、佐藤仁美らをゲストに迎える予定だ。

向原康太

最終更新:9/14(水) 11:52

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。