ここから本文です

俳優キム・ジェウク 日本ファンミーティングで根強い人気を証明

女性自身 9/14(水) 19:40配信

韓国ドラマ『コーヒープリンス』で人気を獲得した俳優キム・ジェウク(33)が東京、名古屋 、大阪でファンミーティングを開催し大盛況のうちに幕を閉じた。

先月26日、28日、29日の3日間に渡り、約2,500人を動員し変わらない日本のファンの愛を確認する時間を持ったという。

特に、キム・ジェウクは今回のファンミーティングのためにステージコンセプトからプログラムの企画まで直接参加した。さらに、今回のファンミーティングのために準備した歌5曲を披露した。

トーク時間には、最新作の映画『徳恵翁主』と、現在撮影中の映画のエピソード話に加え、ファンを喜ばせるために準備されたイベントでは、抽選に当たったファンにキム・ジェウクが直接準備したプレゼントに、その場でサインをして手渡しをするなど、楽しいひとときを過ごした。

ファンミーティング後に行われた握手会では、ファン一人一人と目を合わせながら、流暢な日本語で話を交わすなど、予想よりも長くなった終了時間にも関わらず、疲れた気配を見せることなく特別なファンへの愛を見せた。

キム・ジェウクは最近、韓日合作映画『蝶のように』の撮影を終え、本格的な韓国国内での活動のため準備をしているという。

最終更新:9/14(水) 19:40

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。