ここから本文です

DEVIL NO ID、世界標準のトラック&パフォーマンスで発進! お披露目ライブをレポート

リアルサウンド 9/14(水) 16:00配信

 東京・WWW Xで9月12日、DEVIL NO IDのお披露目ライブ『「POPCONE LIVE!」DEVIL NO ID LANCHE LIVE & UTOMARU ART EXHIBITION』が行なわれた。

 DEVIL NO IDは、沖縄ストリートシーン発のkarin、hana、mionによるガールズダンスクルー。マンガ、アートなどのカルチャーともコラボレーションしながら、EDMやベースミュージック、ヒップホップなど、様々な音楽ジャンルを歌い踊る3人組だ。また、この日は彼女たちのアートワーク・ビジュアルも手掛けるイラストレーター・うとまるによる展示も開催され、開演前にはデビュー曲「EVE -革命前夜-」のプロデュースを務めたTeddyLoidが登場するなど、豪華なラインナップが彼女たちの船出を祝福した。

 TeddyLoidのDJが終わり3人が登場すると、オープニングトラック「ジェネレーション反抗期」では、攻撃的なダンストラックに乗せ、難易度の高いダンスを披露。karinが「We Are DEVIL NO ID!」と叫んだ直後には、格闘ゲーム風の映像が紗幕に映し出され、デビュー曲「EVE- 革命前夜-」がスタート。karinとhanaによる厚みを持ったツインボーカルが力強く響き、キュートな声のmionがその見た目とは裏腹にテクニカルなラップを見せつけた。

 続く「BANDANA」では、ヴェイパーウェイヴ風のビジュアル演出が彼女たちの歌とダンスをさらに引き立て、「うしみつどき」はオリエンタルなメロディと、トライバルビートの絡み合う一曲だった。

 ここでDEVIL NO IDはDJにTeddyLoidを再度ステージに呼び込むと、未発表曲「Sweet Escape」を熱唱。ネオンサイン風のVJを切ないダンストラックとメロディアスな歌が彩り、この日のライブが終了した。

 様々なカルチャーの要素をミックスしながら、ハイレベルな世界水準のダンストラックとパフォーマンスで観客を魅了したDEVIL NO ID。次回は10月30日に赤坂BLITZで行なわれる『AKASAKA BLITZ HALLOWEEN2016~アイドル×お笑い・ハロウィン~』に出演予定だ。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/14(水) 16:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。