ここから本文です

意外に遅い? メッシ、開始2分台でのゴールはCL自己最速記録

フットボールチャンネル 9/14(水) 11:40配信

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦、セルティック戦でCLにおける自身の最速ゴールを記録した。13日付けスペイン紙『スポルト』が伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 メッシはセルティック戦でキャリア通算40回目となるハットトリックを達成し、チームの7-0の大勝に大きく貢献した。先制点を記録したのは開始から2分46秒で、これはCLにおけるメッシの最速ゴールとなった。

 他の大会も含めると、バルサでの最速ゴールはあと10秒ほど速い。2010年8月に、リーガエスパニョーラのラシン・サンタンデール戦で開始2分34秒でのゴールを記録している。アルゼンチン代表も含めると、2014年W杯ナイジェリア戦のキックオフから2分26秒後に記録した得点がメッシの最速ゴールだ。

 CLにおける歴代最速ゴールは、2007年にバイエルン・ミュンヘンのFWロイ・マカーイがレアル・マドリー戦で記録した開始10秒。リーガでは元バジャドリーのFWホセバ・ジョレンテが2008年に7秒あまりでのゴールを記録している。キャリア通算500ゴール以上を記録してきたメッシの最速ゴールが2分台というのは、意外に遅いものだと感じられるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:9/14(水) 11:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。