ここから本文です

『湯を沸かすほどの熱い愛』新場面写真公開 駿河太郎、良きシングルファーザー役で娘を肩車

リアルサウンド 9/14(水) 22:15配信

 宮沢りえ主演最新作『湯を沸かすほどの熱い愛』より、駿河太郎にスポットを当てた新場面写真&コメントが公開された。

 本作は、自主制作映画『チチを撮りに』が国内外の映画祭で話題を呼んだ、中野量太監督の商業映画デビュー作。余命宣告を受けた幸野双葉(宮沢りえ)が、死ぬ前に絶対にやっておくべきことを実行し、家出した夫(オダギリジョー)や独り立ちできない娘(杉咲花)と家族の絆を深めていく模様を描く。

 この度、公開された場面写真には、幸野家の蒸発した夫を捜査する私立探偵・滝本を演じる駿河太郎の姿が収められている。駿河は、2011年NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』で注目を集め、現在放送中のTBS連続ドラマ『せいせいするほど、愛してる』では、ゲイの人気スタイリストを演じている。

 駿河が演じる探偵・滝本は、妻を亡くし男手ひとつで幼い娘を育ている。実生活では2児の父である駿河は、シングルファーザーの役どころについて「娘役の遥ちゃんのことは「はる」って呼んでいたのですが、撮影前の脚本読みも一緒にやって、撮影の合間もなるべく一緒に居てふれあうようにしていました 。はるは最初、僕のことを「パパ役の人」と言っていたのですが、徐々に慣れてきたのか撮影が終わる頃には「パパ」と呼んでくれるようになったのでほっとしました。」と語っている。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/14(水) 22:15

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。